管理薬剤師の仕事|管理薬剤師としての経験はキャリアアップに有利

ホーム  >  【仕事内容を知る】管理薬剤師の仕事

人気の求人特集~転職先別~

薬剤師の仕事と言っても、その内容は働く企業によって様々です。患者様と直接やり取りをする仕事でやりがいを感じたい薬剤師の勤務先としては、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどがあり、新薬の研究や開発で社会に貢献したい薬剤師の勤務先としては製薬メーカーなどがあります。
フィールドが違ければ、なかなか他の薬剤師がどのような仕事をしているのかを知ることができません。
薬剤師としての転職先にどのような職場があるのか?どのような活躍が期待できるのか?を知り、新しい分野にチャレンジしてみることも高い価値のある転職に繋げる方法の一つでしょう。

管理薬剤師の仕事

☆薬剤師の責任者☆

管理薬剤師 管理薬剤師とは、薬局やドラッグストアなど薬剤師が勤務をしている現場には、必ず配置される薬剤師で、いわば薬剤師の責任者となります。

『薬局の管理者はガイドラインに従って薬局業務の適正な運営に努めると共に、保健衛生上支障が生ずる恐れがないように、その薬局に勤務する薬剤師その他の従事者を監督し、その他薬局の業務につき、必要な注意をしなければならない』また『薬局の管理者は、前項の管理者の義務を遂行するために必要と認める時は、開設者に改善を要求しなければならない』とガイドラインでも定められており、製造業などでは出荷における最終判断を行うため、工場長よりも権限がある立場と言えます。

また、薬局やドラッグストアに勤める管理薬剤師は、薬局の運営方法に問題があると判断した場合は、その改善を要求する事ができるなど 絶対的な執行権こそないものの勤務内容の改善、医薬品の取り扱い方の注意など管理者として勧告することができます。

☆懸念点になるストレス☆

運営側に改善を要求しても、薬局やドラッグストアも企業である以上、利益を追求したいという姿勢を崩さないケースもあり、理想と現実に挟まれてしまいストレスを感じやすい立場であることが懸念点です。また、管理薬剤師は店舗によって異なるものの、薬剤師のシフト管理を行うこともあり、半ば店長と同じような役割を担うことがあり、スタッフ同士の人間関係や患者からのクレーム対応など、神経をすり減らす業務も存在します。

そのうえ、薬剤師としての業務や店舗スタッフとしての業務もこなさなくてはならないため、多忙になりがちですが、管理薬剤師のとしての手当が付与されるケースも多く、キャリアアップを考えた場合や転職活動を行う際にも管理薬剤師としての経験は有利にはたらきます。

☆管理薬剤師に求められるスキル☆

必須とされている資格は薬剤師免許のみなので、薬剤師であればどなたでもチャレンジをすることが可能ですが、多くの求人では傾向として下記に挙げるスキルが求められています。
  • 3年以上の薬剤師実務経験
  • 薬事法および関係法規に対する理解がある事
  • 保険請求業務など医療事務に対しても理解がある事
  • 薬局運営における管理能力が携わっている事<
手当の有無や管理薬剤師となることで昇給する金額は、企業や店舗によって異なりますが、医薬品や従業員を管理する立場になることで年収が高くなるケースが多いので、収入アップを狙って転職を考えている方は、管理薬剤師の求人を見つけたら果敢に挑戦をしてみましょう。
TOPページ