薬局の仕事|病院やクリニックの処方箋に基づいて薬の調剤

ホーム  >  【仕事内容を知る】薬局の仕事

人気の求人特集~転職先別~

薬剤師の仕事と言っても、その内容は働く企業によって様々です。患者様と直接やり取りをする仕事でやりがいを感じたい薬剤師の勤務先としては、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどがあり、新薬の研究や開発で社会に貢献したい薬剤師の勤務先としては製薬メーカーなどがあります。
フィールドが違ければ、なかなか他の薬剤師がどのような仕事をしているのかを知ることができません。
薬剤師としての転職先にどのような職場があるのか?どのような活躍が期待できるのか?を知り、新しい分野にチャレンジしてみることも高い価値のある転職に繋げる方法の一つでしょう。

薬局の仕事

☆処方箋による調剤☆

薬局で働く薬剤師 処方箋を受け付けている薬局の場合は、病院やクリニックの処方箋に基づいて薬の調剤を行います。健康保険が適用されるケースが多いため、レセプト(診療報酬明細書もしくは調剤報酬明細書)が発生するという特徴があります。また、病院やクリニックで働く薬剤師と同じく、服薬説明も行います。

処方に関して疑問がある場合は、処方先の病院やクリニックに電話で確認を行うこともあるので基本的なビジネスマナーも身に付けておかなければなりません。もちろん、処方された薬に関して患者側から相談があった場合は対応も行います。

☆医薬品の選別☆

医師からの処方箋の他に、薬局の場合は一般的な医薬品の取り扱いもあるため、来店した患者の症状や状態を伺い、それに適した医薬品を提案する業務もあります。処方箋とは異なり、医師の診察を受けていないことが多いので、簡易的に状態を伺いながら医薬品を提案していきます。

特に近年は、市販薬も効果が強いものが多いので、しっかりと話を伺ってから医薬品を選別する意識が重要になっています。また、日頃から服用している薬の有無やアレルギーなどを確認し、必要な場合は「おくすり手帳」を拝見して、薬歴を把握することも大切です。さらに新しい医薬品や医薬部外品が次々と販売されている現在、日常生活においても細かく情報をチェックしておくことが薬局に勤める薬剤師として不可欠な作業になるでしょう。

☆店舗運営☆

薬局は店舗扱いになるため、通常の店舗業務も発生します。また、接客もしっかりと行わなくてはなりません。患者が利用しやすいように店内のディスプレーを整えるだけではなく、日頃から清潔感のある店舗にするため清掃も業務の一環となります。さらに在庫管理も重要な業務となり、調剤に使用する薬の他に店舗で販売をする医薬品なども足りなくなる前に発注しておかなければならないので、常に色々なことに対して気を配っておく必要があります。
TOPページ