保険薬剤師の仕事|業務可能な範囲が広く、様々な場面で活躍

ホーム  >  【仕事内容を知る】保険薬剤師の仕事

人気の求人特集~転職先別~

薬剤師の仕事と言っても、その内容は働く企業によって様々です。患者様と直接やり取りをする仕事でやりがいを感じたい薬剤師の勤務先としては、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどがあり、新薬の研究や開発で社会に貢献したい薬剤師の勤務先としては製薬メーカーなどがあります。
フィールドが違ければ、なかなか他の薬剤師がどのような仕事をしているのかを知ることができません。
薬剤師としての転職先にどのような職場があるのか?どのような活躍が期待できるのか?を知り、新しい分野にチャレンジしてみることも高い価値のある転職に繋げる方法の一つでしょう。

保険薬剤師の仕事

☆保険医療機関での仕事☆

保険薬剤師 一般的な薬剤師と仕事の内容は似ていますが、保険薬剤師になることで業務可能な範囲が広がり、様々な場面で活躍をすることができます。日本では自由診療の場合を除き、健康保険制度など公的保険制度を採用しているため、ほとんどの患者が医療機関で受診をする際に保険を利用しています。保険制度を取り扱っている医療機関は、まず「保険医療機関」としての指定を受ける必要があります。

これは、保険業務に携わる者として必要な手続きですが、それと同時に保険業務に携わる医師や薬剤師は「保険医」「保険薬剤師」としての登録を行わなくてはなりません。この資格を有していない薬剤師は保険調剤を行うことが禁止されています。

また、保険請求や保険点数の計算などは保険医療上、公的な手続きを行うことが必須となっているため、そのような業務に携わるという観点からも欠かすことのできない資格となります。

☆保険薬剤師としての登録が不要なケース☆

保険調剤を行う業務でも、病院やクリニック内の薬剤部などに勤務する場合は、保険薬剤師としての登録が不要です。また、保険調剤を行わないドラッグストアや、一般的な医薬品の販売のみを行う薬局などに勤務する場合も保険薬剤師の登録は必要ありません。しかし、併設店にて保険調剤を行う場合には登録が必要となり、保険薬剤師が業務を担当することになります。

保険薬剤師になるためには勤務先となる地域の地方厚生局で登録の手続きを行います。試験や登録手数料は必要ありませんが、手続きに必要な書類の提出と登録後に行われる研修に参加をしなくてはなりません。病院勤務などで調剤の経験があっても、保険薬局や保険調剤を行うドラッグストアに転職をする場合などは、必要となる登録制度なので忘れずに覚えておきましょう。

☆保険薬局協会について☆

保険薬局が中心となっている「日本保険薬局協会」は2004年に設立された団体で2009年に社団法人となっています。正会員、賛助会員、特別会員から構成されており、正会員は保険薬局を営む法人、賛助会員は保険薬局の業務に関わる事業を行っている法人、特別会員は協会の目的に賛同し協力をしている団体および個人で協会が認めているもの、という規定があります。2004年の設立当時は正会員が、172法人でしたが、2013年には236法人にまで増えており、賛助会員数も84法人から158法人へと数を増やしています。

その他にも、薬剤師に関係のある団体としては「日本薬剤師会」や「日本病院薬剤師会」などがあり、どちらも多くの薬剤師が会員となっています。
TOPページ