病院の仕事|医師が書いた処方箋の内容に基づき薬を処方

ホーム  >  【仕事内容を知る】病院の仕事

人気の求人特集~転職先別~

薬剤師の仕事と言っても、その内容は働く企業によって様々です。患者様と直接やり取りをする仕事でやりがいを感じたい薬剤師の勤務先としては、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどがあり、新薬の研究や開発で社会に貢献したい薬剤師の勤務先としては製薬メーカーなどがあります。
フィールドが違ければ、なかなか他の薬剤師がどのような仕事をしているのかを知ることができません。
薬剤師としての転職先にどのような職場があるのか?どのような活躍が期待できるのか?を知り、新しい分野にチャレンジしてみることも高い価値のある転職に繋げる方法の一つでしょう。

病院の仕事

☆調剤・製薬☆

病院で働く薬剤師 病院やクリニックで働く薬剤師として最も重要な仕事で、医師が書いた処方箋の内容に基づき薬を処方します。体調の悪い患者が多いため、正確にそして素早く薬の用意をすることが大切ですが、薬の成分が二重になっていないか?併用している薬との相互作用(飲み合わせ)に問題がないか?などの確認も重要な業務になります。

疑問を感じた場合には、処方箋を書いた医師に確認や情報提供を行うこともあるため、日頃から院内での連携をしっかりと図っておく必要があります。

☆服薬説明☆

患者が正しく薬を服薬できるように、処方した薬の飲み方や使用方法、取り扱いの注意点について説明をします。一つの症状でも複数の薬が処方される場合は、それぞれの数や服薬するタイミングなどを患者の立場で理解できるように説明しなくてはなりません。飲み方や使用方法を誤ったために副作用を招く恐れもあるため、高齢者などには特に丁寧に説明します。また薬に関する質問や相談が患者から寄せられた場合に対応することも病院やクリニックで働く薬剤師が対応します。

☆薬歴管理☆

患者が複数の診療科で診察を受けている場合、それぞれの診療科から処方された薬を一緒に使用することで、副作用が出る場合があります。そうならないためにも患者一人一人が使用する薬の情報を管理します。

現在では「おくすり手帳」を持つ患者も増えているため、過去に処方、または服用した薬の履歴について知ることができますが、手帳をチェックすることで飲み合わせの確認を行うとともに、薬疹が出た経験の有無などを聞き、薬でのトラブルが起きることを防ぎます。その他、医師の処方に基づき、注射薬調剤を行うこともあります。投与量、経路、速度などを確認し、無菌室で注射薬の調剤を行います。注射薬には特定の成分と混合することによって効力が落ちることや、濁ることがあるため、それらの確認も行います。
TOPページ