調剤薬局の仕事|処方箋による調剤がメイン、店舗としての業務も

ホーム  >  【仕事内容を知る】調剤薬局の仕事

人気の求人特集~転職先別~

薬剤師の仕事と言っても、その内容は働く企業によって様々です。患者様と直接やり取りをする仕事でやりがいを感じたい薬剤師の勤務先としては、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどがあり、新薬の研究や開発で社会に貢献したい薬剤師の勤務先としては製薬メーカーなどがあります。
フィールドが違ければ、なかなか他の薬剤師がどのような仕事をしているのかを知ることができません。
薬剤師としての転職先にどのような職場があるのか?どのような活躍が期待できるのか?を知り、新しい分野にチャレンジしてみることも高い価値のある転職に繋げる方法の一つでしょう。

調剤薬局の仕事

☆処方箋による調剤☆

調剤薬局で働く薬剤師 調剤薬局の仕事は、病院やクリニックに勤める薬剤師の同じく処方箋による調剤がメインとなります。また、薬事法の改定により処方箋に沿った薬を渡すだけではなく、薬の効果や飲み方、飲み合わせなどの確認も調剤薬局の仕事になっています。その際、飲み合わせなどに関して疑問がある場合は、処方箋を発行した病院・クリニックに問い合わせを行います。

重複投与のチェックや過去に起こした副作用、持病により服用している薬など、あらゆる角度から飲み合わせの問題がないか?を確認しておくことで、副作用や薬疹などを未然に防ぐことができます。特に複数の医療機関から処方された薬を服用している患者の場合は注意が必要です。

☆薬歴のチェック☆

薬歴の管理も調剤薬局で働く薬剤師にとって、怠ることのできない大切な業務です。飲み合わせや過剰処方による重大なトラブルを防ぐためには、患者とのコミュニケーションを図ることが肝心で、アレルギー歴や喫煙・飲酒の有無など生活環境も含めた簡単なプロフィールを知っておかなければなりません。また、前回の薬で副作用や薬疹が起きなかったか?など会話によって状況を引き出すことも、患者の大切な身体を守っていくためには大事な業務となります。

このように、ある程度のコミュニケーションスキルが求められる職場なので、黙々と調剤をしているイメージを持っていた方は、少し考え方を変えておきましょう。患者が安心してお薬を服用できるように導いてあげることが薬剤師に課せられている大切な役割です。

☆店舗業務☆

薬局やドラッグストアのように幅広く医薬品や日用雑貨を取り扱うわけではありませんが、調剤薬局でも店舗としての業務が発生します。処方箋の受付や、広い薬局の場合は席への誘導、お手洗いへの案内、一部の化粧品や健康食品、衛生用品を取り扱っている場合は、それらの販売も業務にあります。最近では、調剤をしている間に、お茶やお菓子を提供する調剤薬局や、雑誌や漫画本を置いている調剤薬局もあります。患者が退屈せずに快適に待ち時間を過ごせるための工夫や、簡単な片付け作業や、清掃なども業務に入ります。
TOPページ