賢い転職先の選び方|希望の年収金額を数字で考えておく

ホーム  >  【転職事情】賢い転職先の選び方

知っておきたい!薬剤師の転職事情

賢い転職先の選び方

客観的な数字を明確にする!

選び方をレクチャーするエージェント 上手に転職を成功させるためには、あらかじめ数字で表現することのできる条件を明確にしておくことが大切です。重視するポイントは人によって異なりますが、基本的には賃貸物件を探す時と同じように候補地となるエリアから探していくと良いでしょう。

転職期間中は金銭面や保証の問題で引越しをすることが難しいので、当分の間は今の生活拠点から通うことになります。地域によって電車や自動車通など、通勤の手段は違いますが、自宅から○分以内、小さなお子さんがいる場合は保育園や幼稚園から○分以内、と条件を明確にしておくことで探しやすくなります。

その際に、電車や道路の混雑状況や乗り換え回数、駅または駐車場からの距離なども念頭に入れておくと良いでしょう。

転職先を探しているときは、駅から15分くらいなら歩けるだろう…、通勤時間が90分くらいでも電車の中で眠れば良いだろう…、などプラスに考えがちですが、実際に仕事を開始すると、雨が強い日や酷暑の日などは15分の道のりが遠く、満員電車では眠るどころか座ることもできず仕事終わりの疲れた身体での90分は肉体だけではなく精神的にも疲労を増長させます。天候や交通機関のトラブルも想定して、時間的にも精神的にもゆとりの持てる通勤時間を条件にしましょう。

給料は年収ベースで考えておく

同じく、重要な条件となる給料ですが、転職先によって月収や年収など提示の仕方が様々ですが年収ベースで交渉ができるよう、希望の年収金額を数字で考えておきましょう。ボーナスの有無や、ボーナスの金額、手当の範囲などが転職先によって異なるので、月収ベースで話を進めてしまうと、いざ年収に換算した時に期待通りの金額よりも少なくなってしまうことがあります。

そのため、月にいくらか?ということよりは、年間を通していくらか?を基本に考えることがポイントです。アルバイトやパート、派遣の場合は時給計算になるため、時給をベースに考えますが、他にも月○時間くらい働きたい!○時から○時までの間が希望!○時以降は働けない!など数字で表せることは全て伝えるようにしましょう。
TOPページ