給料に関する悩み|自身の同年代の薬剤師の相場を把握する

ホーム  >  給料に関する悩み

皆さんは当てはまりますか?薬剤師の悩み

給料に関する悩み

昇給は少額しか望めない?

給料に悩む薬剤師 人間関係と同様に、悩みが多い項目として給料があります。生きていく以上お金は必要不可欠で、また、働いて賃金を得ることができる期間には限りがあるため、しっかりと貯えておきたいものでもあります。薬剤師に限らず、多くの業種や職種において、昇給や査定、ボーナスの条件は明確化されていません。

もちろん業績ありきで付与されることもあるため、個人の努力だけで簡単に上げることができない事情もあるでしょう。しかし、何をどのように成し遂げることで昇給できるのか?あと何年働くことで昇給するのか?目安だけでも知っておきたいものです。

人事担当の方や査定を行う役割の上司と、定期的な面談が行われている場合は、おおよその状況を知る事ができますが、そうでない場合は改めて聞くことにも抵抗があり、いつまでもこの金額なのだろうか?と疑問や不信感を抱きながら働くことになります。しかし、実際のところは昇給で上がる金額は微々たる程度で、アルバイトやパートの場合は10円単位でしか上がらないことも珍しくありません。

では、一体、どのような方法で給料の悩みを解決すれば良いのでしょうか?

多くの場合において、給料は入社時に合意した金額が大きなウェイトを占めます。そのため、10回昇給をした人と一度も昇給をしていない人を比較した場合、同じ給料で入社をしていれば、もちろん前者の方が高い給料になりますが、後者の方が数万円ほど高い給料で入社をしていた場合、10回の昇給を経てもなお後者の金額に追いつけないこともあります。給料に関しての不満が大きい方や、昇給・査定の対応に不信感を抱いている方は、いつどれだけ上がるのか分からない職場で悩み続けるよりも入社時の年収が高い職場に転職をした方が良いでしょう。

相場を知ることから始めましょう!

給料に関しての悩みを抱えている方だけではなく、今の給料に関して満足をしている方も、ご自身の同年代の薬剤師の相場を知っていますか?年齢だけではなく、業種や経験、ポジションなどを踏まえて、実際のところはどうなのでしょうか?他の薬剤師は、やはりもっと貰っているのでしょうか?それとも相場以上に自分は貰っているのでしょうか?

意外にご自身の適正な相場を知らない方は多いものです。もちろん、年齢や業種、経験、ポジションなどが似ていても、残業や休日出勤の有無や、企業の業績も関係するため一概には言えませんが、知っておいて損をすることはない情報です。薬剤師転職支援サービスでは、たとえ今すぐの転職を希望していない方でも会員登録を行っている方であれば、相談や情報提供に応じてくれます。

相場以上に貰っていた場合は、今の職場に対する感謝の気持ちが改めて強く芽生え、相場よりも低い場合は、薬剤師転職支援サービスの担当者に打ち明けることで、転職の相談に乗ってくれます。もちろん、今よりも高い年収を確保できるように、非常に重要となる入社時の年収の条件交渉も行ってくれます。
TOPページ