人間関係に関する悩み|転職会社へ相談し自分に合った職場を紹介してもらう

ホーム  >  人間関係に関する悩み

皆さんは当てはまりますか?薬剤師の悩み

人間関係に関する悩み

解決に至る可能性が低い

人間関係 薬剤師に限らず、どのような職場でも起こりうる厄介な悩みの一つが人間関係です。何かのトラブルが発端となるケースもありますが、特に何のトラブルを起こしたわけでもないのに、性格的な問題や動作、仕草、口調、表情など毎日顔を合わせて長時間一緒にいるため、些細な原因で亀裂が入ることもあります。

また、自分が変わることで相手も変わってくれるわけでもないので解決に至りにくいという特徴があり、多くの方が人間関係に悩んだ末に退職や離職をしています。

大きな企業や全国展開を行っているドラッグストアの場合は、配置転換や転勤などを実現させることで、対象となる人物と接する機会が減り、人間関係によるストレスは軽減されますが、それ以外のケースにおいては例え自分が悪いわけではなくても、対象となる人物(もしくはグループ)が退職をしない限り、その関係が改善される見込みは低いので深刻な病気になってしまう前に、早めに見切りをつけ新しい職場で良好な人間関係を築いた方が得策でしょう。

働いてみなければ分からない難しさ

人間関係に悩んで退職をしても転職をした先に、高圧的な態度で接する人物や独特の雰囲気を作り出しているグループがいないとは言い切れません。そのような内情を把握することは難しく、自分で情報を集めるにも限界があります。しかし、実際に何度も足を運び、その目で現場の雰囲気を確かめている人ならどうでしょう?また、実際に働いている薬剤師から職場の話を聞いている人ならどうでしょう?

薬剤師転職支援サービスは、求人情報だけではなく、薬剤師に関する多くの情報を収集しています。何人もウチに登録している○○病院の薬剤師の多くは人間関係が原因で転職をしたいと言っている、○○薬局はバイトを採用してもすぐに辞めている、いつ行っても○○ドラッグストアは店長が怒鳴っている…など、内情を知っているからこそアドバイスをできることが沢山あります。もちろん秘密厳守なので、実際に誰が言っていたのかは分からないようになっていますが、転職を成功させた薬剤師ともアフターサービスで定期的に連絡を取ることにより現場の人しか知らないようなリアルな情報も入手しています。

そのため、同年代が多い(少ない)方が良い、同性が多い(少ない)方が良い、穏やかな(活気ある)雰囲気が良い、など自分に合った職場を紹介してもらうことが可能となり、安心して新しい職場で働き始めることができます。
TOPページ