キャリアアップに関する悩み|転職会社の過去のデータや経験からアドバイスを受けよう

ホーム  >  キャリアアップに関する悩み

皆さんは当てはまりますか?薬剤師の悩み

キャリアアップに関する悩み

薬剤師に多い「やりがいが持てない」

キャリアアップに悩む薬剤師 同じ医療関係に携わる職業の医師や看護師、介護スタッフと比較して薬剤師に圧倒的に多い悩みの一つとして「働き甲斐」や「やりがい」を感じられないという点があります。人間関係やハードワークが悩みの種となっていることの多い医療業界の中で、なぜ薬剤師は「働き甲斐」や「やりがい」といった悩みを抱えやすくなってしまうのでしょうか?

その要因は幾つか挙げられますが、大きな要因となっている点が薬剤師としての仕事そのものに対してではなく、実際に患者と触れ合う機会が少ないため感謝や喜びを伝えられる場面が乏しいことが挙げられます。同じ薬剤師でも薬局やドラッグストアなど、患者と接する機会がある職場では、薬の説明や受け渡しの際に会話をすることがありますが、多くの場合においては、表に出るきっかけが少なく裏での仕事になりがちです。

そのため、自分が適切にこなしている仕事が安心感や信頼感を与えていると実感することが難しく、やりがいを感じにくくなります。医者や看護師、介護スタッフのように直接「ありがとう」を言われる機会に恵まれていない環境が、薬剤師から充実感を奪ってしまっているのでしょう。

しかし仕事に対しての「働き甲斐」を求めるポイントは人それぞれです。他者からの視線や反応によって、自分の仕事に価値を感じやすくはなりますが、それが難しい職場であるならば、しっかりと自分自身で目標を見つけて働くことが意識的にとても重要となってきます。

キャリアアップが難しい職種

仕事の目標を見出すことが簡単な職種が存在する一方で、難しい職種も存在しています。営業職やサービス業の場合、「数字」という目標があり、それをクリアすることで昇給やインセンティブの対象になるため、目標を持ちやすいですが、薬剤師の場合は数字での目標が設定されていないケースが多く、目標を見出すことが難しい職種とも言えるでしょう。

薬剤師でもドラッグストア勤務などは売上目標があり、それに向かって販売計画を立てることや、在庫管理、人員のシフト作成など、「働き甲斐」を実感しながらキャリアアップを図ることができます。また、製薬メーカーで新薬の開発に携わっている薬剤師は、新薬の完成という明確な目標があり、目標に向かって開発を進めながらキャリアアップを図ることができます。しかし、それ以外においてはキャリアアップを図ることも、そして何を行うことが薬剤師としてのキャリアアップに繋がるのか判断することさえも難しい現実があります。

一人ではなかなか答えを探し出すことが難しい薬剤師のキャリアアップですが、薬剤師転職支援サービスを利用することで、一緒に考えながら答えを導いてくれます。多くの薬剤師の相談を受けた実績や、専任の担当者自身が薬剤師の経験として豊富な経験を持っていることもあるので、どのような方法でキャリアアップを図ることが将来的な成長に繋がるのか?薬剤師資格の他にどのような資格が役に立つのか?今の職場はキャリアアップに最適か?など過去のデータや経験を踏まえて適切なアドバイスを送ってくれます。
TOPページ