サイトを利用する際の注意点とは?|転職会社へは意思をしっかりと伝える

ホーム  >  【転職サイトの使い方とメリット】薬剤師転職サイトを利用するメリットとは?

薬剤師転職サイトを利用するメリットとは?

サイトを利用する際の注意点とは?

大切なことは意思をしっかりと伝えること

担当者とのやり取りに疲れる女性 メリットばかりが目立つ薬剤師転職支援サービスですが、利用者のなかには、担当者からの電話のメールをしつこく感じてしまう方もいます。まるで営業の電話を受けているような気分になってしまい、せっかくの情報も押し売りをされているような捉え方になってしまっては、良好な関係を築くことは難しく、納得のできる転職を成功させることの障害になってしまいかねません。

担当者は、希望条件に合っている転職先が見つかった時や、その条件に近い求人が出てきた時に、少しでも早く情報をお伝えしようと、誠心誠意の対応をしてくれます。

早くお伝えしなければ他の応募者に決まってしまう恐れもあるので、好条件であればあるほど、少し急いだ案内になるかもしれません。しかし、特に転職活動中も仕事を続けている方や、育児や介護で忙しい方にとっては、頻繁に連絡が来ることが逆にストレスに感じ、担当者を信頼することができなくなってしまうでしょう。

それは担当者も同じで、良い情報をお伝えしたい!と思って急いでお伝えした連絡に、何の返答もなかったり、不機嫌そうな対応をされてしまったら、利用者を信頼することができず、お互いにとって手間と虚しさだけが残ってしまいます。

「忙しいので連絡は条件に合ったものが見つかった時だけにして欲しい」「電話ではなくメールでの連絡にして欲しい」「家事があるので連絡は夕方前に欲しい」など、きちんとした意思を伝えることで、担当者も、どのような時に、どのような手段で、どのような時間に連絡をすることが最善なのか理解を示してくれます。

逆に「条件と多少、合わなくても自宅から近い案件であればいつでも連絡して欲しい」「もう少し頻繁に連絡が欲しい」など、さらに綿密に連絡をもらうように催促をしても良いでしょう。大切なことは、自分の意思をきちんと伝えることと、それに応じてもらえるよう理由も丁寧に説明することです。それでも、改善されない場合は、担当者を変えてもらうことも可能です。

別のサイトや直接応募で転職が決まった場合は?

利用している薬剤師転職支援サービスを介さない方法で、転職が決まった場合は、面倒でもその旨を利用中の薬剤師転職支援サービスの担当者にお伝えしておくことをお勧めします。決まったという連絡を怠ると、いざ仕事を開始してからも、頻繁に求人情報の連絡が来るため、双方にとって無駄が生じてしまいます。

ただし、登録は残しておいたままの方が、再び転職を考える場面になった時に便利です。転職先が決まった旨をお伝えする時に、しばらく連絡は不要だと言う旨を伝えつつも、次に繋げることができるように登録は残しておいたままにしておくことを伝えましょう。転職後でも、登録さえ残しておけば、薬剤師転職支援サービスの全てのサービスを受けることができます。せっかくなので、セミナーや勉強会などの、会員特典をフルに活用しましょう!
TOPページ