派遣で働く|働き方はいろいろ!薬剤師の転職

ホーム  >  働き方はいろいろ!薬剤師の転職【派遣】

働き方はいろいろ!薬剤師の転職

安定した雇用環境のなかで働くことのできる正社員、決められた時間だけで働くアルバイトやパート、直接雇用ではない利点を活かすことができる派遣社員、まずは派遣社員として働きながら様子を探ることも可能な紹介予定派遣。
多様化している薬剤師の働き方の中で、最も自分自身に適している働き方を見極めることも、満足度の高い転職を実現させるためには大切なポイントとなります。
ライフスタイルを崩さずに、社会人として楽しく充実した働き方を見つけましょう!

派遣で働く

派遣で働くことをオススメしたい方!

  • いろいろな職場を経験してスキルアップに繋げたい方
  • 数日限定の短期間勤務~長期間勤務など働く期間を選びたい方
  • 育児やプライベートとの両立を図りたい方
  • アルバイトやパートよりも高収入を得たい方
  • 派遣元の福利厚生や教育制度を利用したい方 など

派遣としての働き方

派遣社員は、正社員やアルバイト・パートスタッフとは異なり、直接雇用とはなりません。業務の指示や労働力の提供といった職場での基本的な流れは直接雇用の方と基本的には同じですが、給与の支払いなどは派遣元から行われます。そのため、雇用契約は派遣元と結ぶことになり、その派遣元から企業に送り込まれる形になります。

一概には言えませんが、多くのケースでは直接雇用のアルバイトやパートスタッフよりも時給が高く、収入面に重きを置くのであればアルバイトやパートスタッフよりも好条件と言えます。ただし、契約期間があるため自分自身がその職場をどんなに気に入っても、契約が継続されずに満了となってしまった場合、そこでのお仕事は終了となってしまいます。一方で、ゴールが見えているからこそ、あまりストレスを抱え込まずに働くことができるメリットもあります。

実際のところ、薬剤師転職支援サービスを行っている企業自体が派遣元になって人材派遣サービスを行っているケースはあまり多くありません。そのため、派遣薬剤師として働くことを希望する場合は、まず薬剤師転職サービスが人材派遣会社としてのサービスも行っているのか?を確認する必要があります。また、派遣として働く場合、職場までの交通費が支給されないことも多いので、交通費の支給の有無も確認しておくと良いでしょう。

社会保険への加入、有休・育休・産休の有無、福利厚生などの有無なども併せて確認しておくと、直接雇用と変わらない待遇で働くことができます。1日のみの勤務が可能な派遣もあるので、時間に限りがある方は、この働き方をオススメします。
TOPページ