薬剤師の仕事と育児の両立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、ジョニーゆうたです。本日は薬剤師の仕事と育児の両立について考えてみましょう。薬剤師に限らず、仕事と育児や介護などを両立させることは大変です…。

育児をしながらの薬剤師

薬剤師としてのキャリアを持ちながら、結婚後・出産後に育児との両立が本当にできるのか?と不安を抱える方も多いでしょう。

お子さんの年齢にもよりますが、一般的に『手が掛かる』と言われている保育園・幼稚園の頃なら、働くことができる時間は、お子さんが保育園・幼稚園に行っている平日の昼間になります。また、小さなお子さんは体調を崩しやすいので、急な欠勤や遅刻、早退をしてしまうことも念頭に入れておかなくてはなりません。

そのような条件だと職場選びのハードルが高くなってしまいますが、働き方によっては、薬剤師の仕事を続けていくことも可能です。

派遣薬剤師として育児と仕事を両立

派遣会社

 

派遣薬剤師とは、派遣会社と契約し「派遣社員として働く」スタイルです。

まずは派遣会社に登録し、希望の勤務地や希望の勤務時間などを伝え、条件に近い職場を探してもらい、お互いがOKだった場合に、その職場へ派遣されます。そのため、「17時以降は勤務不可」との条件で派遣会社と契約をしている場合、17時になったら残業をせずに帰宅することができます。

勤務時間が固定で決まっていることで、家事や保育園・幼稚園の送迎ができ、さらに「小さなお子さんがいる」ことを、あらかじめ伝えておけば、お子さんの発熱などによる急な欠勤にも理解が得られます。

大切なのは家族の協力を得ること

急な欠勤に理解がある職場を探すことは、そう簡単なことではありません。

また、理解がある職場であったとしても、何度も当日欠勤を繰り返してしまっては、業務が円滑に回らず、契約を更新してもらえない可能性もあります。

このような状況に対応するために、家族の協力を得ることも忘れないようにしましょう。

共働きの場合は、子供を育てるのはお母さんだけの仕事ではありません。お父さんの仕事に、融通が利くようなら、たまにはお父さんにお迎えに行ってもらったり、近くに住んでいるようなら、おじいちゃんやおばあちゃんにお願いするなど対策を立てておくことが大切です。

万が一のシチュエーションを想像し、誰がどのように対応するのか、決めておきましょう。

保育所のある病院を探す

保育

 

薬剤師が活躍する場所は薬局だけではありません。

病院内の薬局にも薬剤師が駐在しており、外来患者さんが受け取った処方箋に合わせて薬を処方します。なかには、育児と両立しながら働く看護師や薬剤師をサポートしている企業もあり、院内に託児所が設置されていることもあります。

病院内に託児所があれば、働く場所と同じ場所にお子さんを預けることができるので安心です。また、お子さんの体調が急に悪くなっても、病院内でケアを受けることができる場合もあるので、シフトに穴をあけることなく、業務に集中できます。

このように、働き方や職場を選び、家族の協力を得ることで、子育てをしながらでも、薬剤師として活躍していくことは可能です。

 

子育て

 

コメントを残す

*

PAGE TOP