薬剤師の休暇事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。ジョニーゆうたです。ゴールデンウィークですね。連休ということで、今日は薬剤師の休暇事情についてお話ししていきましょう。

薬剤師にゴールデンウィークはある?

ゴールデンウィークというと、仕事が休みで旅行に出かけたり、家族との時間を楽しむ人も多いでしょう。そんな中で、薬剤師にはゴールデンウィークの休暇はあるのでしょうか?

病院の薬剤師として働いていた人に聞いてみたところ、病院はゴールデンウィークでも開業しているので、ゴールデンウィークは通常のシフトと変わらず、ゴールデンウィークだからと言って長期休暇がもらえるということではなさそうでした。

薬局ならクリニックなどが休みになるので、連休を楽しむことができるのでは?と思いがちなのですが、調剤薬局でもゴールデンウィークもカレンダー通り開業しているというところが多いようです。ドラッグストアでは、お店は週末でも休日でも開業していることがほとんどです。しかし、中には、ドラッグストアが開いていても、薬剤師が休暇を取り、通常より少ない勤務になることはあるようです。薬局の薬剤師の休暇は、働くお店に寄っても異なってくるのが現実です。

ゴールデンウィークに休める薬剤師

薬剤師の中にも、実はゴールデンウィークの連休を楽しむことができる人もいます。それは、企業で働く薬剤師です。企業の場合には、企業そのものがゴールデンウィーク中はお休みになるので、企業で働く薬剤師も休暇をもらうことができます。普段忙しい企業でも、時に休むことができる時があると良いですね。

有給休暇を利用する

ゴールデンウィークなど、世の中がお休みの時に休暇を取ることができなくても、仕事が忙しくない時期を見計らって、有給休暇を取るという方法があります。有給休暇を取るためには、働き始めてから6カ月以上たっている必要があります。詳しくは、働いている職場に聞いてみると良いでしょう。

スーツケースの上のうさぎ

コメントを残す

*

PAGE TOP