薬剤師に役立つ資格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師の転職に有利な資格

 

資格取得

 

薬剤師は、国家試験に合格して薬剤師の資格を取得しなければなりません。

それだけでも非常に難しい資格で、就職や転職活動には有利ですが、さらに他の資格を持っていることで、特に転職活動で有利になることがあります。

雇用主は、優秀な人材を雇いたいと思っているので、薬剤師に関する資格を多く持っていることで、圧倒的な知識をアピールすることができます。

今回は、薬剤師の転職活動において、持っていると役立つ資格を紹介していきます。

 

プライマリ・ケア認定薬剤師

日本は深刻と言われるほどの高齢化社会で、福祉や介護についての知識が求められています。

そんな状況の中、プライマリ・ケア認定薬剤師の資格を持っていると、就職や転職の際、有利にはたらきます。プライマリ・ケア認定薬剤師には、健康福祉に関わるスキルや医療にまつわる総合的なアドバイスを行うことが期待されています。

 

外来がん認定薬剤師

がん患者が増えている中で、外来がん認定薬剤師もニーズが高い資格と言われています。

この資格を持っていると、外来で安全なガン治療を行うために必要な知識と技術を持った薬剤師として認められます。同時に医師が行うガン治療をサポートし、薬剤療法プラン設計や副作用にまつわるモニタリングを同時に行います。

 

漢方薬・生薬認定薬剤師

患者さんの中には、漢方薬を好んで服用する人もいます。

健康を意識する人が増加する現代社会では、医薬品よりも漢方薬を使って治療を試みたい人が増えており、漢方に関する知識を持つ薬剤師は、薬局にとっても重要な人材とされています。

漢方薬の副作用や効果にまつわる知識が特に求められるでしょう。

 

救急認定薬剤師

救急認定薬剤師は、救急医療の薬物療法に関する高度な知識と技術、さらに倫理観を持った薬剤師として認められる資格です。

救急センターや集中治療室、救命救急センターで活躍し、処方提案や注射薬の監査、薬物投与速度の算出をはじめ、救急医療における活躍が期待されています。

専門知識を存分に生かして薬剤師として活躍したい人におすすめです。

 

小児薬物療法認定薬剤師

小児薬物療法認定薬剤師は、小児のニーズに合った薬物療法を実践・支援する小児薬物療法の専門家です。

心理面のサポートや保護者に対するケアも行います。小児の治療において、多くのサポートを必要とされる存在で、小児科のある病院や小児科が近くにある調剤薬局などで特に必要とされています。

薬剤師として活躍しながら、子供のサポートも行いたいと考えている薬剤師におすすめの資格です。

コメントを残す

*

PAGE TOP