海外に薬を持っていく際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

常備薬について

海外旅行に行く際に、日本国内で使いなれている薬を持っていく場合がありますよね。海外で販売されている薬は日本のものよりも強いことがあるので、やはり日本人のからだにあった薬を持っていきたいものです。海外に持ち込む薬には制限がある場合もありますが、頭痛薬や酔い止め、風邪薬などは基本的には手続きなしに持ち込むことができます。ただし、量が多い場合にはひっかかる場合もあるので注意が必要です。

服用している薬

海外への医薬品の持ち込みは、処方されて現在服用している薬は手続きが必要な場合もあります。特に、持っていく量が1カ月以上の量だったり、注射剤などの場合には、薬を持って海外いわたるにあたり、医師の診断書が必要になります。日本語だと通じずに断れることもあるので、英語に訳してもらった診断書を用意することができればベストです。吸入器や錠剤など、飛行機の中に持ち込むものは、量が多くなければ問題なく通過することができます。ただし、本人に処方されている薬であることの証明に、本人の名前が薬に記されている必要があります。大切な薬の持ち込みを断られないためにも、薬を持って海外に行く際には事前の準備をしておくと安心です。

必要な準備

海外旅行や留学、出張などで服用している薬を持っていく場合には、担当の医師に相談し、必要期間内の薬を処方してもらいましょう。その際に、英語での診断書を書いてもらう必要があります。有料になる場合もありますが、診断書があることで、安心して必要な薬を海外に持っていくことができるのです。

市販薬についてはそれほど心配することはありませんが、万が一のために、持ち込める量や種類などを確認しておくと安心です。

診断書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

PAGE TOP