海外のドラッグストアに行ってみた!ブラジル編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブラジルのドラッグストア

ワールドカップ開催で沸いたブラジルに来ています。

 

病院の数が少ないため、『ワールドカップ開催の費用よりも病院や教育に投資しろ』とデモが起きている状態であるという報道が日本でもされていましたが、実際はどの様な状況なのか気になりました。

 

確かに病院の数は日本に比べて少なく感じます。

大きな総合病院以外あまり見かけないのが現状です。

 

しかし、ドラッグストアは結構な数を見かけます。

しかも街中はもちろんですが、空港、長距離バスターミナル、

地下鉄の構内などにもあります。更にスタッフは親切でサービスもいいです。

外国人の私が探し物をしていると、どの店でも話しかけて助けてくれます。ブラジルの他の業態のお店と比べてサービスがしっかりしているのはもちろんですが、日本のドラッグストアよりも親切な印象です。

 

お店に並べられている商品は薬はもちろんのこと他にシャンプー、カミソリ、飲み物などの日用品なども売っている店がほとんどです。

薬も箱ではなくバラで売っていたりします(上の写真を参照)。日本では錠剤が見える状態のまま売っているのは見かけないですよね。

 

皆さんも海外に行ったときには薬局やドラッグストアを是非のぞいてみてください。意外な発見があると思います。

コメントを残す

*

PAGE TOP