薬剤師が教える『秋の体調の変化』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師が教える「秋の体調不良と対策」とは?

こんにちは。ジョニーゆうたです。8月ももうすぐ終わりますね。夏の暑さが終わり、秋になると少しずつ涼しい日が増えて、過ごしやすくなるものですが、涼しくて過ごしやすいのに秋になると体調を崩しやすい人も多いのが現実です。秋になると、どうして体調を崩しやすくなるのか、薬剤師に聞いてみました。

秋に感じやすい体調の変化

秋になると、秋特有の症状を感じる人が多くいます。秋特有の体調の変化には、原因不明の疲労感、食欲不振、頭の回転が悪くなる、めまい、寝起きが悪いなどが多くあげられます。秋になると気温が下がることから涼しくなるものの、夏よりも眠気が強くなり、からだはより長い睡眠を必要とします。しかし、実際の日常生活では、仕事などの都合から、朝眠くても何とか起きて仕事や学校に行かなくてはいけません。からだの変化に対して無理をしてしまうことから、疲労感からくる頭痛やめまいなどの症状が出てくるのです。

秋の体調不良の原因

秋の体調不良の原因は、夏の生活も影響しています。夏の間は、外は暑いものの、室内はエアコンが効いているので涼しいどころか、寒いと感じることもあります。また、温度の変化によって自律神経も変化します。暑い外にいる時間は、からだが体温を下げるために汗をかきます。しかし、エアコンの効いた涼しい室内に行くと、汗を抑えてからだを温めようとする働きがあります。しかし、暑い外と涼しい室内の行き来をすることで、からだを冷やそうとしたり温めようとしたりの繰り返しになることから、自律神経が乱れて体調を崩しやすくなるのです。

秋の体調不良を予防する方法

秋に感じやすいだるさや頭痛、疲労感などを予防するためには、夏の間の生活がとても大切です。外が暑いとついついエアコンに頼りがちですが、エアコンを使うのは暑さがピークになる時間のみにして、夜などは扇風機で過ごすことで、自律神経の混乱を避けることができます。また、エアコンを使うと、暑さも必要以上につらく感じてしまうものですが、エアコンを最小限に使うことにより、暑さに負けない体を作ることができるのです。

頭痛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

PAGE TOP