薬局が増える中、薬剤師不足が続きます!かなり深刻かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんばんは、ジョニーゆうたです。

転職を希望される方には転職先に困らないニュースですが、
今後、薬剤師不足が続くと困りますね。
団塊世代が75歳以上になる『2025年問題』を控えている現在、、、
超高齢化社会で薬需要が拡大することは必至です。

 

その為、ドラッグストアやコンビニが「調剤薬局」と
手を組み市販薬だけでなく医師の処方箋が必要な処方薬を取り扱う
併設の店舗を増やしております。

実はその動きにより全国では薬剤師不足が深刻化しています!

その影響もあり、、、最近、世間を騒がせている
ツルハホールディングス傘下の「くすりの福太郎」の調剤薬局で、
患者の薬剤服用歴を作成していない事例がなんと17万2465件も判明!

薬剤服薬歴の作成は欠かせない薬局業務であり、
これを怠れば調剤報酬が不正に請求されたものになる。
今回の問題が起きた背景としてはやはり、薬剤師不足!!

薬剤師不足は他にも下記の様な要因が重なっていると言われます

  • 24時間店舗が拡大し、長時間営業が拡大。
  • 少子化による入学者数の減少
  • 薬学教育6年制が導入されてから志願者数が減少
  • 大学の入学者数が減ることで偏差値も低下
  • レベルの低下により薬剤師国家試験の合格率は昨年、過去最低に!

 

色々な要因が重なってしまって深刻な問題になっています。

この問題が改善しないと現在薬剤師として活躍皆さんに大きな負担が行きかねない!
売り手市場も喜べるばかりではないようですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

PAGE TOP