拡大する在宅医療と、それに関わる薬剤師の役割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在、高齢化が進むと共に在宅医療が広がっています

国としても医療費削減に繋がるため、在宅医療を活用してきたいという考えです。

そんな中、在宅医療における薬剤師が重要な役割を担っており、活躍の場が広がっていく可能性があります。

 

在宅医療を行っている医師たちの間でも薬剤師がいなくては在宅医療が成立しないというのが認識としてあるようです。

クリニックの院長である長尾先生の記事からの抜粋です。

多剤投薬への対応、服薬管理や副作用のチェック、ジェネリック医薬品への変更など、薬剤師さんでないとできない仕事が沢山ある。医療者の間では薬剤師さんへの期待が高まる一方です。

 

このような状況下で在宅医療に特化した薬剤師の需要が増えてきています。 中でも、調剤薬局の薬剤師は在宅利用の要として期待されている存在です。

 

 在宅医療で求められる薬剤師の役割

調剤薬局の中にも、地域医療の基幹となる病院と連携を取りながら地域医療に深く関わるところが増えてきています。薬剤師の役割としては患者さんの自宅を訪問し、医薬品の飲み残しの管理、服薬状況・保存状況の指導などの行うと同時に、調剤薬局内で必要な医薬品の在庫を常に確保するという業務を請け負います。

 

更に患者さんのご家族や医師などの医療チームスタッフと信頼関係を築くための、コミュニケーションも必要です。

 

尚、在宅医療を利用する患者さんの服薬状況のチェックや、QOLに直結する医薬品の影響に関する評価は、薬剤師以外に担当することはできません。今後も在宅医療と薬剤師の役割について継続的にチェックしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

PAGE TOP