薬剤師になって辛いと感じたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師の仕事がツラいと感じる時

 

 

薬局での薬剤師の主な仕事は処方箋に基づいて薬を処方することで、調剤薬局での仕事は薬の調剤がメインになりますが、ドラッグストアの場合は、お店で取り扱っている商品の管理など、調剤以外の仕事も含まれます。

様々な職場で活躍する薬剤師は、どのようなシーンで仕事を辛いと感じるのでしょうか。実際に薬剤師として働いている方々が、どのような場面で「薬剤師の仕事はツライ!」と感じているのか、一つずつチェックしていきましょう。

常に緊張感が必要

調剤薬局での主な仕事は処方箋に合わせて、薬を調剤するため、やや単調に感じてしまいがちです。

集中力を維持することが難しい時もありますが、薬の処方を間違えると、患者さんの命に関わります。そのため、薬剤師は常に緊張感を持ち、完璧な処方を行わなくてはなりません。

このような状況が続くことで、特にメンタル面で疲れてしまうことがあります。間違いなく薬を処方することは必須ですが、人間である以上、絶対に間違いが起きないとは限りません。

集中力を維持するためには、適度に休憩を取ることが必要です。しかし、処方が多い季節など、忙しくて休憩を取ることができない場合は、合間に軽いストレッチをしたり、深呼吸を行うなどして、リフレッシュしましょう。

実際に、薬剤師が薬の量を間違えて処方し、患者さんが入院することになってしまったケースもあります。そのような事態にならないためにも、処方に集中できる環境や工夫が必要です。

体力勝負のドラッグストア

薬の処方以外の業務も多いドラッグストア。

一般スタッフも働いていますが、近年のドラッグストアは日用品や食品(野菜や肉類を販売する店舗も!)も豊富に取り揃えており、コンビニやスーパー、バラエティショップ、ディスカウントストアに似た働き方を求められます。

そのため、薬とは関係ない食品の品出しやレジ、清掃など、幅広い業務を行わなければならず、営業時間も調剤薬局より長いため、体力勝負の側面があります。

肉体的には大変な職場ですが、調剤薬局ほど閉鎖的ではなく、シフト制の店舗も多いため、適宜リフレッシュはできます。

 

子供が熱を出したとき

 

 

薬剤師に限らず、育児と仕事を両立させている人は多いですが、特に小さなお子さんは熱を出しやすく、保育園から連絡が来て、お迎えに行かなくてはいけない時や場合によってはお休みをさせなければならない時も出て来ます。

薬剤師の人数が足りている薬局や育児への理解がある薬局では、そのようなシーンにも対応しやすいですが、薬剤師不足で困っている職場では、なかなか休みを言い出せない雰囲気があります。

自分の代わりに働ける薬剤師がいない時、もしくは、おばあちゃんや夫など育児に協力してくれる人が近くにない時は、有資格者であるがゆえに、非常にツラい想いをします。

普通のスタッフなら代わりがつとまっても、薬剤師となるとそうはいかないケースが多いものです。

薬剤師として働く場合は、面接の際に子供がいる旨を伝え、万が一の時には、対応できるように準備しておきましょう。また、両親や家族の協力を得ることができようであれば、子供が熱を出した時に、誰がどのように対応するのか?を決めておくことも大切です。

 

コメントを残す

*

PAGE TOP