薬剤師の人間関係と解決法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師の職場にある人間関係の悩み

人間関係の悩みは、薬剤師に限らず、どこの職場にもありますが、薬剤師の仕事は、女性が多いことや人数が少ない等の理由で、職場内に相性の悪いスタッフがいると、どうしてもギスギスしてしまいがちです。

職場の環境が悪い場合、転職することで解決できることもありますが、相性が合わないスタッフに会う度に転職していたのでは、転職数ばかりが増えてしまい、今後の転職活動において影響が出てしまう可能性もあります。

今回は、薬剤師の職場にありがちな人間関係の悩みと、  転職を考える前に、どのような対応を取ることができるのか?を紹介します。

周囲に合わせられないスタッフがいる

スムーズに仕事を進めるためには、チームワークが大切です。

しかし、職場の中には、自分のことだけを優先し、周囲に気を配ることや周りの状況を把握することができないスタッフもいます。

1人のスタッフが自分の都合や感情だけで突っ走ってしまうと、周囲の苦労は絶えません。自分で注意すると「角が立つ」こともあるので、上司や先輩など信頼できる人に相談しましょう。

 

事務スタッフと薬剤師のトラブル

薬局の事務スタッフと薬剤師の間で、トラブルが発生することもあります。

薬剤師が事務スタッフにお願いした仕事が遅れることに、イライラしてしまケースが多いようです。しかし、現場によっては、事務スタッフの仕事量の方が薬剤師より多いこともあるようです。

仕事の遅れでイライラしてしまうことは誰にでもありますが、お互いの立場を理解しようとする姿勢が大切です。理解しようとする姿勢を見せることで、トラブルを最小限におさえましょう。

新人に対する悩み

新人指導に悩む薬剤師も少なくありません。

薬剤師に限ったことではありませんが、世代間のギャップが大きく、敬語が使えない新人や挨拶をしない新人、仕事を覚えようとしない新人、仕事中なのにスマホをいじってしまう新人など、昔と状況が変わっていて、多くの先輩が頭を悩ませています。

また、少し厳しいことを言うと、すぐに辞めてしまう人も多く、従業員が定着しない=薬局としての印象が悪くなってしまうこともあれば、新人指導に問題があるのでは?と、上司や会社から指摘されることもあります。

トラブルの解決方法

人間関係の悩みがある場合は、よりコミュニケーションを図る努力をしてみましょう。

相手の良い点を見つけて褒めてあげながら、少しでも会話を増やすことで、相手を理解するきっかけができることもあります。

また、先輩薬剤師とのトラブルは、積極的に質問をするなど、仕事を覚えようとする姿勢を見せ、一緒に働く薬剤師として認めてもらう努力が必要です。

個人ではなく、薬局全体での問題となっている場合は、個人間の問題としてではなく、薬局全体の問題として、上司や経営者と話し合うことも大切です。

トラブル

コメントを残す

*

PAGE TOP