薬剤師の悩みを解消しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師の悩み

前回の記事「薬剤師の悩み」でもお伝えした通り、薬剤師には職場によって異なる悩みがあります。

薬剤師の悩み

 

人間関係や業務内容に関する悩み、給料や待遇に関する悩み、さらには慢性的な薬剤師不足で思うように休みが取れない悩みなど、薬剤師には多岐に渡る悩みがあります。

仕事における悩みは、薬剤師に限らず、どのような職業でもありますが、ストレスを放置すると仕事のミスに繋がってしまい、特に薬剤師は病気や健康維持など、多くの人の身体に影響を与える仕事のため、些細なミスが大惨事を招く恐れもあり、非常に危険です。

今回は、前回の続きとして、薬剤師の悩みやストレス解消のためにできることを紹介します。

 

相談相手を見つける

 

相談

 

薬局やドラッグストア勤務の薬剤師は、時に症状を抱える方の良き相談相手となります。

実際に「温湿布が良いか、冷湿布が良いか、店員に相談したけれど分からないと言われた」など、身体の症状について悩みを相談しても素っ気なく返答されると、店舗の評判も悪くなってしまいます。

このように身体の悩みが軽減されなくても、誰かに相談することで気持ちが落ち着くことは多々あります。相談した相手が効果的な解決法を教えてくれるとは限りませんが、誰かに悩みを聞いてもらうこと、吐き出すことはストレス解消になります。

仕事の悩みを相談する相手としては、職場特有のことであれば、状況をイメージできる上司や先輩、そうでなければご自身のことを理解している友人が良いでしょう。

家族や後輩でも構いませんが、ただの捌け口になってしまうと、悩みの状況を理解してもらうどころか、逆に相手のストレスになってしまいます。

 

趣味や娯楽でストレス解消

 

趣味

 

趣味や娯楽もストレス解消法になります。

旅行や温泉など非日常を楽しめるもの、スポーツやカラオケなど身体を動かすもの、ゲームや読書など何かに没頭できるものなど、好きなことなら何でも構いません!

プライベートの時間を楽しむことで、日頃のストレスを解消することができます。

また、精神的ストレスと身体的ストレスはバランスが関係するので、精神的ストレスが身体的ストレスを遙かに上回っている場合は、ジムに通って身体を動かすなど、身体的ストレスを与えることにより、ストレス解消へと繋がります。

また、ストレスに良いとされるお茶などもありますが、それらに関しては薬剤師の皆さんの方が良い情報をお持ちでしょうから、割愛します。

 

ランチや飲み会で鬱憤を晴らす!

 

飲み会

 

ランチや飲み会、パーティーなどで友人と喋ることもストレス解消に効果的です。

直接的な悩みの解消には繋がりませんが、楽しい時間を過ごすだけで気持ちがスッキリすることも…。ストレスが溜まったら、深刻な状態になる前に、友人を誘って楽しく盛り上がりましょう。

 

ストレスを受ける環境は極力避ける

 

ストレス解消

 

これができたら誰も苦労しませんが、悩みを解決するためには、まず「自分の悩みの原因が何なのか?」を冷静に見直して分析すると良いでしょう。

そうすることで、ストレスを受けないためには、何をすると良いのか?が明確になります。

勤務先の上司やお客さんがストレスになって避けられないのであれば、コミニュケーション能力を高めることを考えたり、場合によっては自分の役割分担を見直したり、異動や転職を検討することも一つの手段となります。

また、転職の際は同じ理由でストレスを抱えないためにも、多くの職場環境に詳しいプロの転職エージェントを利用すると、職場の有給消化率や離職率、評判など、求人票では掴めない情報を知ることもできます。

 

■無料で利用できる薬剤師転職エージェントはコチラ!

薬剤師転職

 

 

コメントを残す

*

PAGE TOP