保険薬剤師の登録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、ジョニーゆうたです。本日は保険薬剤師の登録方法についてチェックしてみましょう!

保険薬剤師の登録

保険薬局などの医療保険の適用を受ける勤務先の場合、保険調剤を行うために、薬剤師ではなく『保険薬剤師』の登録を受けなければならない事になっています。しかし、薬剤師の資格を取るような難しい試験などはなく、保険薬局が所在している都道府県の管轄を行っている地方厚生局の事務所で登録を行うだけで結構です。

なお、平成20年10月1日以前は保険薬剤師の登録(住所変更や異動届、氏名変更なども含む)は、社会保険事務所で行っていましたが、現在では上記のように変更されているので注意しましょう。

登録申請は、1枚ものの『保険医登録申請書』と共有になっている様式の書類で申請を行います。この際に原則として、申請者は登録者本人でなければなりません。また、地方厚生局での受付日がそのまま登録日となります(一部、例外的に勤務先の薬局などが代行して登録できる場合もあります)。

申請は、直接窓口に届け出るか郵送、または電子申請も行う事が出来ますので、利用しやすい形式で保険薬剤師登録を行いましょう。

余裕があれば事前登録を

このように、登録は決して大きな手間が掛かるわけではありません。時間的に余裕がある時に、事前に保険薬剤師としての登録を行っておきましょう。そうすることで、スムーズに仕事に入ることができます。ただし、登録申請が終わり、登録証交付後には『新規指定時集団(個別)指導』などの研修を受けなければなりません。

保健医療機関や保険薬局の指定を受けた時は、その開設者及び管理者、そしてその医療機関で新規に勤務する保険医や保険薬剤師は、指導講習会を必ず受けなければならない事を覚えておきましょう。

講習

 

コメントを残す

*

PAGE TOP