薬剤師の悩みと解決法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師の悩みはどうやって解決するか?

薬剤師に限らず、どのような仕事でも悩みは付いてまわるもの。その悩みを解決できなければ、仕事自体が嫌いになってしまいます。

本日は、薬剤師の職場での「実際の悩み」と、その解決方法を紹介していきます。

調剤薬局での悩み

調剤薬局に1年半ほど勤めています。

毎日、自分なりに成長できるようにと必死で頑張っているのですが、どうしても仕事がうまくできるようになりません。勤務している調剤薬局は、処方箋が多く、1日に一人あたり40枚ほどあります。特に土曜日や月曜の午前中はピークでもあり、スピードを求められるなか、ミスも許されない仕事なので、思うようにこなしていくことができません。

同じ職場で働く先輩の薬剤師は厳しく、「1年以上働いているのにまだできないの?」などと小言も言われてしまいます。どうしたら、思うように仕事をこなしていくことができるのでしょうか?

<解決法>

このような悩みは、新卒によくある悩みで、誰もが通過する悩みでもあります。

新卒で働き始めてから3年程度は、似たような悩みを抱える薬剤師が沢山います。しかも「仕事ができない」とレッテルを貼られてしまうと、ストレスを感じ、些細なことでもプレッシャーになってしまいがちです。

まずは、最初の3年は修行だと思い、辛いことがあっても、一つ一つの仕事を確実にこなしていくように努めましょう。焦ってスピードを上げて間違えてしまっては、それこそ大変です。業務を的確に行う反復でおのずとスピードは付いてくるので、落ち着いて取り組みましょう。

病院勤務での悩み

憧れだった薬剤師の資格を取得し、病院の薬剤師として就職しました。

病院で働くことが夢だったこともあり、働き甲斐を感じながら、毎日の業務を行っています。
しかし、大学時代の友達と集まった時に、自分の給料が周りよりも低いことを知り、ショックを受けました。仕事はお金のためだけではない!とは分かっているものの、よりによって給料が低い病院に勤務してしまったことで落ち込んでいます。

就活中は「内定をもらえること」に集中しすぎてしまったので、あまり給料のことまでは考えていませんでした。とても後悔してします。

<解決法>

働き甲斐のある仕事を見つけることは決して容易ではありません。しかし、やりがいのある仕事でも、なるべく高い給料が欲しいのは正直な気持ちでしょう。

現在の職場が働きやすく自分に合っているのであれば、給料のために転職した結果、業務内容や職場環境、人間関係が変わってしまい、働くことが苦痛になってしまうかもしれません。

安易に転職を考えるのではなく、まずは契約内容を確認し、どのくらいの期間で給料が上がるのか?を確認してみましょう。それでも不満がある場合は人事部に相談してみることも一つの手段です。とは言え、待遇は一人のためだけに変えられないことも多く、どうしても納得できないようなら、薬剤師の転職エージェントに相談してみましょう。

周囲の友人たちと比べてしまうと低くても、全体的な薬剤師の給料の相場と比べて、どうなのか?転職をすることで、同じような仕事内容でも給料が上がる可能性があるのか?など、裏付けされたデータを基に正しい情報を提供してくれます。

 

悩み解決

コメントを残す

*

PAGE TOP