薬剤師として働く魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人々の健康をサポートする薬剤師

薬剤師は、薬の専門家として、薬に関する責任を持つ仕事です。

薬を通して人々の健康をサポートすることはもちろんですが、ただ処方箋に合わせて薬を処方するだけではなく、たとえば製薬会社では、薬剤師が新薬の開発にも携わり、難しい病気を治療するための薬を開発しています。

他にも製薬会社を通して薬に関する情報を広く提供し、患者さんが病気を治療するための選択肢を手助けします。

また、病院や薬局では医師が処方した薬を、医師とは異なる視点で確認し、患者さんと話しながら状態を確認し、時には飲む・塗る・吸うなどのタイミングやアドバイスを行います。さらに、患者さんが特定のサプリメントを服用している場合は、サプリメントと薬の飲み合わせや注意点についても説明し、患者さんが希望する場合には体調に合わせたサプリメントを勧めることもあります。

既に病気や怪我で薬を必要としている人だけではなく、時には病気予防や健康維持のために、的確なアドバイスを送ることも薬剤師の仕事です。

このように、薬剤師は薬のプロフェッショナルとして、人々の健康維持に携わり、多くの人から感謝される仕事でもあります。

生活に合わせた働き方ができる

薬剤師の資格を取得し、薬剤師として活躍する人の多くは転職を経験しています。

新卒の薬剤師の多くは、通勤時間や残業にもフレキシブルに対応することができ、バリバリと働くことができるでしょうが、少しずつ年齢を重ねるごとに、結婚や出産、育児などの私事によって、引っ越しが必要になったり、産休や育休が必要になるなど、思わぬ形で現場を離れることがあります。

また、育児中は仕事に復帰したとしても、働く時間が限られ、残業ができない等、生活に合わせた職場に移るために、転職を検討することもあります。

現在は多くの職場で薬剤師不足が問題となっているため、薬剤師のニーズが高く、転職はそれほど厳しい状況ではありません。生活スタイルや勤務地など、希望にあった条件の職場を選ぶこともできるので、転職で経験値を高めながら、薬剤師として生涯働くことができます。

自分を高めることができる

たとえば製薬会社では、難病を治療するための新しい新薬が常に開発されています。そのため、現役の薬剤師は、学校で得た薬に関する知識だけではなく、常に新しい情報に意識を傾ける必要があります。

また、ドラッグストアなど幅広い世代のスタッフが集まる職場では、仕事に向き合う意識の違いや物の捉え方の違いなど、感性を磨くことができ、人間力も高まります。

このように、薬剤師は資格を取得した後でも、常に学ぶ姿勢が必要とされる職業です。働きながら自分を高めたい人にとっても、やりがいのある魅力的な職業と言えるでしょう。

 

健康

 

コメントを残す

*

PAGE TOP