調剤薬局で働く魅力とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。ジョニーゆうたです。花粉症に悩み、先日、薬局の薬剤師に相談し、花粉症対策に効く薬を教えてもらいました。そんな薬局の薬剤師には様々な魅力があります。どのような魅力があるのか、見てみましょう。

調剤薬局の薬剤師は残業が少ない

調剤薬局は、基本的にはクリニックが開いている時間のみの営業になり、時間が来ると閉店します。そのため、調剤薬局で働く薬剤師の仕事は、よほどのことがなければ残業はないのです。子育てをしながら働きたい薬剤師や、昼間仕事をして夜は家族との時間を大切にしたいという人にはぴったりの職場ですね。決められた時間で働くことができるので、保育園の時間内、もしくは、家族と保育園のお迎えを協力するなどして、子育てをしながらでも働くことができるのです。

サービス精神と働き甲斐

調剤薬局の薬剤師は、ただ薬を調剤するだけでなく、患者さんに適した薬を処方するために、患者さんとの会話は欠かすことができません。患者さんとの会話を続けるうちに、定期的に来る患者さんを覚えたり、逆に患者さんに覚えてもらったりすることもあるでしょう。調剤薬局の薬剤師は、そういった患者さんとのコミュニケーションも楽しむことができ、特に人と接する事が好きな人にはぴったりの仕事なのです。

シフト制なので安心

薬局によっては、ぎりぎりの人数の薬剤師でまわしているところもありますが、基本的にはシフトを組んで順番に休みを取ることができるので、休暇を取りたい際には、一緒に働いている薬剤師と相談し、シフトを調整することもできるでしょう。休みを取りたいのは誰でも同じことなので、自分だけでなく、同じ職場の誰かが休暇を必要とする時には、お互いに協力して助け合うことで、人間関係も良好に保ち、働きやすい職場にすることができるでしょう。

ベッドルーム

コメントを残す

*

PAGE TOP