薬剤師の職場で給料が高いのは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師の職場で給料が高いのは?

こんにちは。ジョニーゆうたです。薬剤師の給料は医療従事者の中では4番目に高い給料として知られています。しかし、薬剤師の給料は働く職場によってもことなってきます。薬剤師の給料がどのくらいなのか、職場ごとに見ていきましょう。

調剤薬局

調剤薬局の平均年収は、350万円から600万円とされています。年収を見てもわかるように、同じ調剤薬局で働く薬剤師の給料でも、差が大きくあるのがわかります。調剤薬局の給料は、働く地域や役職などによっても変わってきます。例えば、調剤薬局での初任給は年収350万円でも、管理薬剤師となると年収は最低でも500万円以上にまで上がります。また、薬剤師としての経験年数も年収に影響します。薬剤師としての経験が10年以上ある人は、年収800万円まで上がることもあるのです。

ドラッグストア

ドラッグストアで働く薬剤師は、最初から年収が高いのが特徴で、初任給でも年収400万円を超えることもあるようです。上限は調剤薬局とはそれほどかわりませんが、初任給が高いこともあり、昇給しても少しずつの変化になります。ドラッグストアでは、店長などになると年収700万円を超えることもあります。平均としては年収500万円前後が多いようです。

病院で働く薬剤師

病院で働く薬剤師の年収も、調剤薬局やドラッグストアとはそれほど変わらず、初任給の年収は400万円前後となっています。ただし、夜勤のある薬剤師の仕事の場合には、夜勤手当が年間30万から50万プラスされることから、トータルで年収を見てみると、病院で働く薬剤師の方が高いこともあります。
また、経験年数が増えると年収もあがり、薬剤部長や薬局長などになると、年収600万円から650万円を超えることもあります。

製薬会社で働く薬剤師

製薬会社で働く薬剤師は、初任給は月収30万前後と、他の職場に比べると低いのが特徴です。しかし、製薬会社で働く薬剤師は、経験を積んだり、結果を出すことにより年収が大きく変わっていきます。順調に結果を出している薬剤師は、30代で年収1000万円以上という人もいます。
普通に勤務を続けている薬剤師の平均年収は500万円前後となっているようです。

お金とペン

コメントを残す

*

PAGE TOP