保険薬剤師について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、ジョニーゆうたです。本日は、保険薬剤師についてお伝えします。

保険薬剤師とは?

保険薬剤師とは薬剤師では行えない保険調剤を行うことができる者を指します。保険医が発行した処方箋に沿って調剤、服薬指導などを行う事を主体としており、その性質上勤務する職場は保険薬局(処方箋を受け付ける事が出来る薬局)、他には保険医療機関が該当します。

特に保険薬局で勤務する場合発行する医療報酬証明書(レセプト)の作成も業務範囲に入っており、それだけ各種保険に関する詳しい知識、調剤報酬の診療報酬点数表も熟知している事が求められます。また、保険薬剤師が調剤する行為を『保険調剤』と言い、薬剤師には行えない行為となっています。

例外的な保険調剤

一部、例外的に保険薬剤師ではなくとも調剤を行う事ができる場合があります。それは、総合病院の中に存在している調剤薬局で勤務する場合で、医師の指示で行うため、保険薬剤師としての資格が不要となっています。他にも各種ドラッグストアで勤務する場合も、基本的に薬剤師の資格があれば勤務をする事ができますが、一部のドラッグストアのように調剤併設店である場合は、この限りではありません。

保険薬剤師の就労場所

看護師と並んで現代の医療業界では花形とも言える保険薬剤師ですが、勤務先には様々な場所があり、活躍の場は非常に多いと言えるでしょう。特に、保険調剤薬局などでは欠かせない存在ですし、保険点数を計算したり保険請求などの保険医療上での公的手続きを行う事が出来るのも大きな特徴だと言えます。

薬

 

コメントを残す

*

PAGE TOP