薬剤師になって良かったと思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師になって良かったこと

薬剤師の皆さんは、どんな時に「薬剤師になって良かった!」と感じるのでしょうか?

薬剤師は、難易度の資格を持っていないとなれない職業なので、転職しやすいなどのメリットがあります。また、患者さんから感謝の言葉をもらうことで、嬉しい気持ちになる等、気持ちの面でもやりがいが見出せます。

実際に薬剤師として働いている方々は、どのような場面で「薬剤師になって良かった!」と感じているのか、一つずつチェックしていきましょう。

就職や転職を行いやすい

現在は、多くの薬局で薬剤師不足が問題になっています。

特にコンビニを凌ぐほどドラッグストアが多いエリアもあり、薬剤師の求人を探すことは決して難しくありません。また、一般スタッフと比べて、薬剤師は確固たる資格を持っているため、就職や転職に有利に働くなど、メリットもあります。

また、薬剤師として就職したものの、職場の環境や人間関係など、自分に合わなくても、転職しやすい職業のため、就職・転職できないと言ったプレッシャーを感じることなく、働くことができるようです。

出産や育児などで一度退職しても、ニーズが高い職業であるため、仕事復帰しやすいメリットもあります。さらに、看護師のようなハードな夜勤もなく、資格を取得すれば、その資格を使って一生働くことができます。

患者さんから感謝される

患者さんから感謝されることは、多くの薬剤師が「薬剤師になって良かった!」と実感できるシーンのようです。

薬の飲み方を丁寧に説明したところ、「分かりやすく説明してくれてありがとう」と感謝されたり、患者さんが名前を覚えてくれたりすると、メンタル面での励みになります。

なかには、「あなたがいるから、この薬局に来る」と言われた薬剤師もいるようです。

患者さんからの感謝の言葉は、良い仕事をしたことの見返りです。感謝の言葉を受けて、さらに薬剤師として成長していきたいと感じることもあるでしょう。

患者さんの症状が良くなった時

薬剤師は、ただ医師が処方した薬を処方するだけでなく、体調や他に服用している薬などをチェックして、服用してはいけない薬があれば、それに気付かなければなりません。

なかなか体調が改善しない患者さんがいれば、服用している薬が合っていない可能性を考えます。

このように、薬剤師としての知識とスキルを最大限に発揮し、患者さんの体調が快方に向かうと、この仕事を選んで本当に良かった、と感じるようです。

また、今まで処方箋の薬を受け取りに来ていた患者さんが、ビタミン剤や別の買い物で薬局を訪れた時に「今では薬を飲まなくても大丈夫になった」と聞き、嬉しく感じることもあると言います。

 

スマイル

 

「薬剤師になって良かった!」と思う瞬間は、人それぞれですが、せっかく時間を掛けて取得した資格です。その資格を大いに活かして、今後も活躍されることを願っています。

 

 

コメントを残す

*

PAGE TOP