調剤薬局で働く薬剤師の<働き甲斐>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。ジョニーゆうたです。

調剤薬局で働く薬剤師さんの「働き甲斐」

調剤薬局に処方箋をもっていくと、薬剤師さんが丁寧に薬の説明をしてくれます。
初めて飲む薬でも、安心して受け取ることができますよね。
そんな調剤薬局で働く薬剤師の仕事にはどのようなやりがいがあるのでしょうか。

調剤のスキルアップ

調剤薬局で働く薬剤師の仕事は、基本的には、医師が処方した処方箋に合わせて薬を調剤し、患者さんに説明をして渡すといおう流れになります。そのため、薬剤師としての本業でもある「調剤」を毎日こなしていくことから、薬の調剤スキルを向上させることができます。薬剤師としては基本のスキルにもなりますが、間違いなく薬を調剤することはとても大変なことです。ベテラン薬剤師でも油断することのできない作業ですが、調剤薬局で働くことによって、より短時間で正確に薬の調剤ができるようになります。

ゆとりのある業務

病院で働く薬剤師に比べると、調剤薬局の薬剤師にはゆとりがあります。そのため、患者さんとじっくりと向き合って薬の処方をすることができます。また、定期的に来る患者さんは顔も覚えて、注意する点やアレルギーの有無なども素早く把握できるようになります。薬の処方だけでなく、ちょっとした体調の変化について話をしたりなど、患者さんに寄り添って仕事をすることができます。

患者さんとの会話

調剤薬局の薬剤師は、薬を処方する際に、患者さんから質問を受けることもあるでしょう。ここでは、薬剤師としての知識を生かすことができるチャンスで、患者さんが納得のいく答えを出すことで、やりがいを感じることができます。患者さんに感謝の言葉を言われたりするときにも薬剤師として働いていてよかったとやりがいを感じることができます。

病気について学ぶ機会

患者さんの診察と診断は医師の仕事になりますが、処方箋を見ながら薬を処方することにより、医師の治療方針をうかがうことができます。どの病気に対してどんな薬が使われているのか、患者さんに対してどのような効果をもたらしているのかなども、調剤薬局の薬剤師の仕事を通して学ぶことができます。こうして、働きながら知識を身に着けることも、調剤薬局のやりがいのひとつです。

ありがとう

 

コメントを残す

*

PAGE TOP