薬剤師として不便に感じる事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。ジョニーゆうたです。調剤薬局に処方箋を持っていくと、薬剤師が笑顔で迎えてくれ、薬を処方してくれます。わかりやすいように説明してくれるので、とても頼りにしています。

そんな調剤薬局の薬剤師でも、仕事の上で不便に感じることも時にはあるそうです。どんなことが不便にかんじるのか、調剤薬局の薬剤師に聞いてみました。

調剤薬局の薬剤師の仕事

調剤薬局の薬剤師は、基本的な仕事は処方箋に合わせた薬の調剤です。実際に薬剤師として働く前までは、調剤薬局の仕事は、ただひたすら書類に合わせて薬を処方する、単調な作業だと思っていました。しかし、実際に調剤薬局で働いてみると、薬を処方するだけでなく、患者さんの症状や他に服用している薬やサプリメントなどを把握しつつ、処方される薬の服用方法や注意点などを説明するなど、思ったよりも単調ではなく、人に深く関わっていく仕事でした。

薬剤師になって不便にかんじたこと

調剤薬局の薬剤師になったばかりの頃は、症状や服用している薬、アレルギー、持病などなど、患者さんのことを把握するのが難しく、処方された薬の説明をする際に不便を感じることが多くありました。お薬手帳もありますが、それだけではわからないことも多く、患者さんのことを理解するためには、処方箋を受け取りながら患者さんと会話を交わし、少しでも多く患者さんの情報を得ることが必要でした。初めのうちは慣れていなかったこともあり、上手に会話を持ち掛けることができなかったのですが、半年したころから会話をスムーズに持ち掛けることができるようになり、患者さんのことを知るだけでなく、患者さんとの会話も楽しむことができるようになりました。今では、よく来る患者さんの顔も覚え、顔や名前を見ただけで、通常服用している薬や患者さんの悩みなどを思い出すことができるようになり、仕事もスムーズに進めることができるようになりました。
そんな人とのかかわりが深い調剤薬局の薬剤師の仕事にやりがいを感じています。

患者さんとの会話

コメントを残す

*

PAGE TOP