ドラッグストアで働く薬剤師の働き甲斐

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。ジョニーゆうたです。

ドラッグストアで働く薬剤師の働き甲斐

ドラッグストアに行くと、沢山の薬やサプリメントがならんで、どれを選んだら良いのかわからないこともありますよね。そんな時に頼りになるのが薬剤師です。ドラッグストアの薬剤師にはどのようなやりがいがあるのか、見てみましょう。

給料が高い

ドラッグストアで働く薬剤師の給料は、薬剤師の中でも高いとされています。そのため、給料に不満を持つことなく仕事をこなしていくことができる傾向にあります。仕事で大変なことがあっても、満足のいく給料を受け取ることで乗り越えていくことができる面もあるようです。

患者さんに合わせて薬を選べる

ドラッグストアの薬剤師には、薬の調剤以外にも様々な仕事内容があります。お客さんから薬やサプリメント、健康のことなどで相談を受けることもあるでしょう。そんな時に、患者さんの話を聞いて、症状にあった薬を薬剤師の判断で選んであげることができます。知識や経験を生かして、患者さんに合った薬を選ぶことができることから、やりがいも強く感じやすいところです。

頼りにされたときに感じるやりがい

ドラッグストアの薬剤師は、調剤薬局よりも多くのお客さんが足を運ぶことから、相談されることも多い立場です。毎日同じ単調な仕事だけでなく、患者さんやお客さんとかかわる中で、頼りにされることにより仕事へのやりがいも感じることができます。
頼りにされることで、さらに患者さんやお客さんのためにできることをしていこうと、これから先の仕事へのやる気にもつながっていきます。

薬の説明がきちんと伝わった時

ドラッグストアの薬剤師は、本来の仕事である薬の調剤と処方も行います。処方された薬を患者さんに渡す時には、服用方法や注意点をわかりやすく伝える必要があります。そんな時に、患者さんに大切な情報がきちんと伝わると、薬剤師としても安心することができ、仕事へのやりがいを感じることができうようです。

 

サプリメント

コメントを残す

*

PAGE TOP