薬剤師と保険薬剤師の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。ジョニーゆうたです。前回、お伝えした「保険薬剤師」について、今回は一般的な薬剤師との違いを中心にチェックしてみましょう。

薬剤師と保険薬剤師の違い

基本的に『薬剤師』の資格を得る為には、薬学系の大学などで6年間の正規な過程を終了しなければなりません。ただし、この時点では調剤料の点数算定方法、解釈の仕方や請求までの手続きを行う事はできず、保険薬剤師になるには、健康保険や介護保険に関して詳しい知識が必要となってきます。

では、一般的な薬剤師との大きな違いは何でしょうか?

例えば製薬会社で新薬の開発に携わったり、その薬が患者の手元に届くまでの全ての業務は『薬剤師』でも行う事が可能です。また、他にも病院内にある病院薬局の場合、医師の指示によって調剤することもできれば、保健所や水道局と言った行政機関でも、『薬剤師』の活躍の場は用意されています。

病院内における薬剤師

病院などに勤務している薬剤師の仕事は、主に医師の指示で働く事になります。

もちろん、調剤を行うことや薬に対する説明・指導を行う点では、保険薬剤師と同一で、外来と入院の2種類の患者パターンがあり、これにより投薬の管理方法も違います。病床の患者の様子を見ながら、その状態によって様々な指導をしたり、時には注射や点滴などの調剤を行うこともあります。

保険調剤薬局における薬剤師

独立した医療提供施設の保険薬局では、病院内の薬局と異なり、医師の判断ではなく、薬剤師が業務の中心になります。処方箋を元に保険調剤などを行いますが、これに加えて患者からの質問への対応、薬の説明のみならず金額などの説明も行えるような知識と経験が求められます。

このように一連の業務を行う為に『保険薬剤師』の存在が必須と言えます。

点滴

コメントを残す

*

PAGE TOP