薬剤師の仕事内容と勤務先

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師の仕事内容と勤務先は?

多くの薬剤師は、病院や調剤薬局などで働いています。

しかし、薬剤師の仕事内容は、働く場所によって異なります。病院や調剤薬局以外にも、ドラッグストアや診療所、在宅、学校などで活躍している薬剤師もいます。そこで薬剤師の仕事内容を、職場別にチェックしてみましょう。

薬局

病院

病院での薬剤師の主な仕事内容は、調剤と服薬指導です。

外来で病院に来た患者さんをはじめ、入院患者さんに対しても薬を処方し、正しく服用できるように服薬指導を行います。入院患者さんに対しては薬剤師だけでなく、医師や看護師と連携してチーム医療を行います。

また、病院での薬剤師の仕事内容は、注射薬や輸液の取り扱い、薬物治療モニタリング(TDM)など、薬物治療に関わる仕事も含まれる場合があります。薬を使って入院患者さんをケアし、回復を促すために薬剤師が薬物を管理して、治療のサポートを行います。

医師とともに薬物療法を組み立てることが、病院ならではの薬剤師の仕事だと言えるでしょう。

調剤薬局

調剤薬局の薬剤師の仕事内容は、調剤業務と服薬指導、薬歴管理の3つが主になります。

処方箋を基に薬を処方し、現在服用している薬があれば、重複投与や相互作用の恐れがないことを確認します。さらに、患者さんが安全に薬を服用することができるように、服用指導を行います。

薬を処方した後は、処方した薬や服用している薬などの情報を管理します。

ドラッグストア

ドラッグストアの薬剤師も、調剤薬局のように薬の処方と服薬指導、情報管理が含まれます。

ドラッグストアでは、サプリメントや市販薬なども販売しているため、処方する薬以外の知識も必要になります。処方箋を持ってきた患者さんだけでなく、ドラッグストアに訪れたお客さんから健康や薬、サプリメントに関する相談を受けたり、商品管理やレジ打ちなどをすることもあります。

診療所

診療所の薬剤師は、調剤薬局のように、医師が出した処方箋に基づいて薬を処方し、患者さんが安全に服用できるように指導していきます。

診療所は、調剤薬局などに比べて規模が小さいこともあり、一人で現場を任されることが多いのが特徴です。

在宅医療

最近では、診療所や病院に来る患者さんだけでなく、医師や看護師が自宅や施設を訪問するサービスも普及しつつあります。

施設などで患者さんが薬を処方された場合には、薬剤師が患者さんの自宅や施設を訪問し、薬の処方と服用指導を行います。在宅医療は、今後のチーム医療には欠かせない存在となっていくとも言われています。

学校

学校保険法によると、全国の幼稚園や小学校、中学校、高等学校など、大学を除く、すべての学校に学校薬剤師を1名以上配置することが義務付けられています。

学校で働く薬剤師は、「学校薬剤師」と呼ばれています。学校薬剤師は、学校保健委員会として、学校内の衛生環境を保ちます。その中には、教室の空気調査やプールの水質検査、衛生管理、水道水の検査、給食施設の管理などが挙げられます。

薬

コメントを残す

*

PAGE TOP