薬剤師とコミュニケーション能力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師にコミュニケーション能力は必要?

薬剤師の仕事は多岐に渡っていますが、調剤薬局や病院で処方箋に合わせた薬の処方を行うなど、一人で黙々と仕事を進めるイメージがあります。

ちょっとしたミスが患者さんの健康を左右したり、時には命に関わることもあるので、集中力を保ちながら、プレッシャーも抱えなければなりません。

しかし、薬剤師に必要とされる能力は完璧に仕事をこなすことだけではなく、近年は特にコミュニケーション能力が重視されています。

患者さんとのコミュニケーション

薬剤師は、薬を処方するだけではなく、処方した薬の説明を行う役割も担っています。

薬剤師とは違い、患者さんの多くは薬に関する知識を持っておらず、思い込みなどで予想もしていない捉え方をしてしまうことさえあります。

どのように薬で、どのようなことに気をつけなくてはいけないのか?

注意事項まで含めて、丁寧に説明する必要がありますが、患者さんにはコミュニケーションを取ることが苦手な人、高齢などの理由で耳が聞こえにくい人、一度の説明では理解できない人など様々で、しっかり説明したつもりでも理解できていないケースがあります。

患者さんへの説明をしながらも、同時に「きちんと理解しているのか?」を確認しましょう。

 

他のスタッフとのコミュニケーション

ドラッグストアや病院もスタッフが多く、立場が違うことで生じる面倒な人間関係は存在しますが、調剤薬局は狭い空間で、なおかつ働くメンバーもほぼ毎日一緒なので、余計に他のスタッフとのコミュニケーションが大切になります。

一度ねじれてしまうと修復が難しい職場でもあるので、お互いに働きやすい環境を維持するためにも、他のスタッフへの心配りが求められます。

一方、ドラッグストアでは薬剤師の他にも、登録販売者や学生アルバイトなど、様々なスタッフが同じ場所で働くので、役割分担を明確にしながらのチームワークが求められます。土日も営業している店舗が多いため、シフト調整など大変な面もありますが、協力し合わなければ、ドラッグストアなのに販売できない医薬品が増えてしまい、店舗運営にも影響が出てしまいます。

コミュニケーションで変わる職場の環境

薬剤師としての仕事をこなすだけではなく、社会人として常に周りに気を配り、積極的にコミュニケーションを取ることで、誰もが働きやすい職場環境を作っていくことができるでしょう。

 

コミュニケーション

コメントを残す

*

PAGE TOP