薬剤師がアルバイトで働くデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師がアルバイトでメリットとデメリット~デメリット編~

薬局

 

薬剤師の仕事はアルバイトやパートタイムとして働くこともできます。前回は「薬剤師がアルバイトで働くメリット」を紹介しましたが、今回は逆の『デメリット編』です。アルバイトとして働くことには、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

正社員のような安定性がない

アルバイトは融通が利く働き方ですが、雇用する側にとっても都合の良い雇用形態です。

正社員と比べて、アルバイトの場合は職場の経営状態などを理由に解雇される可能性が高く、長期勤務を希望していても、思いがけなく転職活動をしなければならないこともあります。

育児期間中だけ、または資格の勉強をしている期間だけ等、自分で期間を限定しているのであれば良いでしょうが、長期に渡って同じ場所で働きたい場合は、企業の都合で解雇されるリスクがあることを覚悟しておきましょう。

勤務先が限られる

薬剤師の仕事は調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社など、様々な職場がありますが、アルバイトの場合はドラッグストアや調剤薬局が大半で、病院や製薬会社で募集していることは極めて稀です。

そのため、ドラッグストアや調剤薬局での勤務を希望している場合は、求人を見つけやすいでしょうが、それ以外の場合は難しく、正社員や契約社員の求人を探す必要があります。

単純作業が多い

アルバイトの場合は、たとえ薬剤師の資格を持っていても、責任を負う仕事には就けないことがほとんどです。シフト管理や在庫管理などは正社員が行い、アルバイトの薬剤師は調剤などの単純作業が中心となってしまいます。

責任者などの役職を求めない場合は、アルバイトでも構いませんが、やりがいを感じることができなかったり、将来へのスキルアップに不安を感じることもあり、判断は難しいところです。

福利厚生が薄い

アルバイトは正社員に比べると福利厚生が薄い、もしくはほとんどないと考えても良いでしょう。

一定の条件を満たすことで福利厚生を利用できる場合もありますが、その場合でも利用範囲に制限が設けられていることもあります。

また、正社員であれば、長期間の勤務で退職金を受け取ることができますが(企業によって異なります)、アルバイトの場合は、長期間の勤務を行っても、原則として退職金はありません。

 

アルバイトが良いのか?正社員が良いのか?

一人で悩まずに、完全無料で使える「薬剤師専門の求人サービス」を活用し、転職について相談してみましょう。一般には出回らない好条件の非公開求人も紹介してもらえます!

 

コメントを残す

*

PAGE TOP