管理薬剤師の仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。ジョニーゆうたです。本日は管理薬剤師の転職について、ご紹介します。

管理薬剤師の転職事情

薬剤師とは異なる役割を持つ資格の一つに『管理薬剤師』があります。基本的に管理薬剤師は薬事法に基づき、薬局や店舗、他にも製造業でも拠点毎に管理薬剤師を配置する事が決められています。また、管理薬剤師はその特性上、店舗などを管理・監督する事が主な目的とされており、薬局やドラッグストアの兼用は禁止されています。

管理薬剤師の役割の一つである『従業員の監督』は、管理薬剤師以外の薬剤師、あるいは薬剤師以外の従業員(登録販売士など)が適切な業務を行っているかどうか?の監督をするもので、人間関係やそれぞれの個人の能力の違いによる苦悩などもあって、転職を希望する管理薬剤師は少なくはありません。

特にドラッグストアなどでの販売の場合には『購入者の顔色などを見て、購入者の求めている医薬品が適切であるかどうかの判断をしなければならない』ため、登録販売士の知識や能力に差が生じてしまい、結果として不適切な医薬品を販売してしまうケースも、稀に発生すると言われています。そのような問題が生じた場合、監督不十分として、管理薬剤師にも責任があると判断されるケースもあります。

管理薬剤師としての業務が滞る

薬剤師や従業員の監督以外にも、管理薬剤師には『店舗内の医薬品やその他の物品(医薬部外品や化粧品)を適正に管理』する事、『医薬品とは他の物品を区別して貯蔵、陳列』する事など、医薬品等の管理も管理薬剤師の仕事となってきます。

ですが、スタッフ教育や販売そのものなど、他の業務に時間を取られ、管理薬剤師としての業務に専念する事が出来ない!などの悩みが数多く聞こえています。

管理

コメントを残す

*

PAGE TOP