派遣薬剤師で働くメリット&デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師派遣の求人

薬剤師はニーズが高く、全国的に薬剤師不足が問題となっているため、求人を比較的見つけやすい傾向があります。

薬剤師に限らず、多くの職業で、転職活動を行う場合、まずは求人探しから始めますが、「転職サイトを利用する」方法が最も効率的です。

ハローワークへの登録、求人広告のチェックなども有効ですが、勤務地や勤務時間など、希望条件と一致するものが運よく見つける可能性は決して高くありません。

その点、「薬剤師専門の転職サイト」では、最初に希望条件を伝え、それに合う求人を紹介してもらえるので、自分で探す手間が省け、時間を有効に使うことが可能です。

また、給与や条件が良い『非公開求人』『独占求人』は、一般には公開されず、各転職サイトだけが紹介できる優良求人なので、複数の転職サイトに登録しておくと有利です(登録・利用は全て無料です)。

その他、「派遣会社に登録して薬剤師の仕事を見つける」方法もあります。

派遣薬剤師のメリット

「派遣会社に登録して薬剤師の仕事を見つける」方法で、転職できた場合は派遣社員として働きます。そのため、企業や薬局ではなく、派遣会社と契約します。勤務時間も契約内なので、大幅な残業は基本的にありません(承諾した場合や繁忙期等に希望した場合を除く)。

万が一、残業が発生したとしても、派遣社員は基本的に時給なので、正社員のようなサービス残業になることもありません。また、派遣薬剤師の給料は派遣先にもよって異なりますが、場合によっては、正社員よりも月給が多くなることもあります。

正社員の場合は、転職した職場の環境が自分に合わない場合、再び転職活動を行わなければなりませんが、派遣社員の場合は、職場が自分に合わない場合、派遣会社に相談して派遣先を変えてもらうことも可能です。

派遣先は契約が終了するごとに変わるため(継続の場合もあり)、様々な職場を体験することができるメリットもあります。

派遣薬剤師のデメリット

派遣社員のデメリットは、せっかく働きやすい職場を見つけても、同じ場所で長く働けない可能性があることです。

契約が終了すると、たとえ自分が希望しても、その職場が後任の薬剤師を見つけると、契約は満了になり、他の派遣先に行かなくてはなりません。やはり、同じ職場で長く働くためには、正社員として応募する必要があります。

また、パートやアルバイトの薬剤師よりも時給が高いものの「一時的な繋ぎ」「繁忙期の増員」として、派遣されているため、急に休みたくても認められないことがあります。

直接雇用の社員やスタッフよりも、融通は利きにくいことを覚えておきましょう。

なお、「薬剤師専門の転職サイト」でも派遣社員の求人を取り扱っていますが、正職員やパートスタッフに比べて、求人数は少なく、地域によっては派遣の求人が全く見つからないこともあります。

 

 

薬局

コメントを残す

*

PAGE TOP