薬剤師に求められる能力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師に求められる能力

現場での薬剤師不足が問題になっている現在ですが、技術の進化や薬剤師の数が増えることにより、今後は薬剤師のニーズに変化が見られると予想されています。

現在は多くの現場で薬剤師を必要としていますが、将来的には薬剤師の競争率が高くなり、薬剤師として必要とされるために、生き残りを賭けて様々なスキルが必要とされるようになるでしょう。

それでは、「これからの薬剤師」には、どのような能力が求められるのでしょうか?

在宅医療にまつわる知識

現在では少しずつではありますが、在宅医療が発展しています。

しかし、在宅医療に対応している薬局は少なく、これからは在宅医療が進むにつれて、薬局も在宅医療の知識を求められるようになるでしょう。

将来的に薬剤師として生き残っていくためには、これから薬局がどのように変わっていくのか?を予測し、その一つである「在宅医療」に関する知識を身に付けておくと有利です。

医療の動きに目を向けると同時に、在宅医療において必要とされる介護用品の知識や注射、点滴などの技術な点に関する知識など、医療全般に対して総合的な知識を持った薬剤師が必要とされるようになるでしょう。

また、このような知識を持つことは転職やキャリアアップにおいても、強い味方となるはずです。

英語力・語学力

英語

 

かつては薬剤師の仕事の中で、英語力を求められることは、あまりありませんでした。

しかし、外国人旅行者や外国人労働者が増えている現在、ドラッグストアや調剤薬局では英語(もしくは中国語などの言語)を話すことができる薬剤師が必要とされています。

特に、観光地周辺や繁華街のドラッグストアや調剤薬局では、英語を話す外国人の患者さんも多く、英語での質問に答えたり、薬の服用方法を説明するシーンが訪れます。日常英会話とともに、医療にまつわる英語力も身につけておくと、重宝される人材になります。

専門薬剤師と認定薬剤師の資格

薬剤師として、専門薬剤師と認定薬剤師の資格を取得することで、他の薬剤師と差をつけることができます。薬剤師の資格以外にも資格を持つことで、より多くの現場から必要とされるようになり、さらに給料アップやキャリアアップにも繋がります。

コミュニケーション能力

現在でも求められるスキルではありますが、薬剤師はコミュニケーション能力を必要とする仕事です。

技術が進んで機械化が進むにつれて、今後は調剤の時間よりも患者さんと向き合う時間が長くなることが予測されています。患者さんを理解し、患者さんが安心して薬を受け取ることができるように、分かりやすく説明したり、安心できる言葉を掛けてあげるなど、コミュニケーション能力の大きさが現場の評価に大きく影響します。

現在は飲食店や宿泊施設だけではなく、薬局やドラッグストアもネットで簡単に評判を投稿・閲覧できる時代です。安心できる薬剤師がいる店舗として、高い評価を得るためにも、コミュニケーションをおろそかにしないようにしましょう。

向上心を忘れずに!

薬剤師不足が深刻な現在、薬剤師が就職先や転職先を選ぶ時代と言えます。しかし、これから先は、薬剤師の数が増え、薬局や企業が薬剤師を選ぶ時代に突入します。転職や就職の競争率が高くなる中で、企業や薬局から「必要な人材」として選ばれるためには、常に向上心を忘れない薬剤師でいることが大切です。

コメントを残す

*

PAGE TOP