薬剤師の転職を成功させる秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転職は計画性が鍵を握る!!

薬剤師の転職を成功させるためには、どのようなコツがあるのでしょうか?

転職に関する情報を調べてみると、履歴書の書き方や求人の探し方など、数多くの情報がネットを中心に見受けられます。今やるべきことを見極め、的確に進めることにより、薬剤師の転職を成功に導くことができます。

行き当たりばったりで行動していては、要領を掴めないばかりか、自分の中でも辻褄が合わなくなり、希望の職場に転職できないだけでなく、現在の職場にも迷惑を掛けてしまうことがあります。『立つ鳥跡を濁さず』の言葉があるように、立ち去る者は見苦しくないようきれいに始末をしていくべきです。

希望の条件に合った転職先を見つけ、転職を成功させるためには、計画的に転職活動を進め、今までお世話になった職場にも礼儀を重んじることが大切です。

計画的な人は仕事もできる

どのような事柄でも、計画的に物事を進めることができる人は、仕事においても「できる人」であることが一般的です。このようなタイプは、現在何をする必要があるのか?を正しく把握したうえで行動することができるので、無駄な時間を費やすことなく目的を達成します。

転職を考えるにあたり、まずは目標を立て、その目標の達成に向けて、どのように進んでいけば良いのか?を考え、具体的な計画を立ててみましょう。

転職までの流れ

転職までに、どのような計画を立てて進めていけば良いのでしょうか?

実際に順を追って確認してみましょう。ただし、こちらで紹介するのはあくまで一例です。シチュエーションは各自違うと思うので、自分の置かれている状況や転職時期を考慮して、計画を練ってみましょう。

①どうして転職をしたいのか?その理由を明確に書き出す
②転職により何を得たいのか?を明確にする
③いつ、転職をしたいのか?を明確にする
④転職先の希望、条件をリストアップする

転職エージェントを利用する場合は、この段階で登録を行いましょう。登録・利用はいずれも無料です。

⑤履歴書・職務経歴書の準備をする
⑥求人探し、求人の見極め

転職エージェントを利用する場合は、求人探しや条件とのマッチングは転職エージェント側が行ってくれます。自分で探す手間が省けるので、時間を有効に使うことができます。また、履歴書や職務経歴書の書き方、志望動機などについても的確なアドバイスをくれます。

⑦応募、面接

転職エージェントを利用する場合は、エージェント側が応募・面接の日程決めなどを行ってくれます。その職場について詳しいことが多いので、面接の対策で「よく聞かれる質問」や「このような人が面接を行う」など具体的な例を教えてくれることもあります。

⑧退職願の提出
⑨退職
⑩転職

退職願を出すタイミング

転職をするにあたり、気を付けておきたいことは退職願を出すタイミングです。

退職をしてしまえば、自分はその職場から離れることになりますが、残された人が仕事をスムーズに引き継げるように配慮をしなければなりません。退職願を出すタイミングについては、就業規約や入職時の契約書に記されています。しかし、可能であれば、転職活動をはじめるにあたり、どのくらいのタイミングで退職願を出す必要があるのか?身近な先輩などに相談すると良いでしょう。

たとえば規約上では1ヶ月前の提出になっていても、現場ルールとして3ヵ月前には退職の意思を伝えないと、代わりの人の採用を含めた円滑な引き継ぎができず、周囲に迷惑を掛けてしまう恐れもあります。

退職の際に責任感を持って行動するということは、これから先取り組んでいく仕事にも大きく影響していくでしょう。

計画

コメントを残す

*

PAGE TOP