薬剤師の転職で覚えておきたい6つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師転職で大切な6つのポイント

ポイント

目的を明確にすること!

薬剤師に限らず、どんな仕事にもストレスはあります。他の人と仕事を進める中で、不満を感じることもあるでしょう。そのような状況でも、目的を持って転職し、目的を持って働くことにより、職場でのストレスや人間関係に負けることなく、やりがいを感じて仕事をすることができます。

転職を考える際に、どのような目的があって、それを実現するために、どのような職場で働きたいのか?を明確にしておくと、満足度の高い転職に繋がります。

情報収集はしっかりと!

納得のできる転職を果たすためには、情報収集が大切です。

例えば、これまで調剤薬局で働いて来て、ドラッグストアに転職すると、調剤の仕事よりも接客や在庫整理などの業務が増え、想い描いていた薬剤師の仕事とは異なることもあります。転職先を選ぶ際には、条件や仕事内容、立地条件などを徹底的に調べ、転職後から「こんなはずじゃなかった」などと思わないように、ありとあらゆる情報をチェックしておきましょう。

人間関係をチェック!

他の仕事と同じように、薬剤師の転職理由は「人間関係」がトップです。仕事が好きでも、複雑な人間関係や派閥、パワハラまがいの上司がいては心が折れてしまいます。

人間関係は、実際に働いてみないと分からない部分ではありますが、薬剤師の転職サイトを利用することで、事前に人間関係や職場の雰囲気を確かめることが可能です。

転職カウンセラーは、実際に多くの職場を見学しており、また、転職成功者に定期的にヒアリングをし、自力での転職活動では掴めない情報を持っています。一緒に職場訪問(職場見学)ができることもあるので、自分の目で様子を伺いたい時は、その旨を伝えておきましょう。

性格に合った職場を選ぶ

働きやすい転職先を見つけるためには、自分の性格に合った職場を選ぶことが大切です。

例えば、集中して調剤作業をしたい人には、調剤の仕事が中心となる調剤薬局が向いています。調剤作業よりも、人とコミュニケーションを取りながら仕事をしたい人には、調剤だけでなく接客業務も多いドラッグストアがオススメです。

このように転職を考える際には、まず自分の性格を分析し、どのような仕事にやりがいを持って取り組むことができるのか?を考えてみましょう。

年収と仕事量

「転職をするからには給料アップを狙いたい」

こう考えるのは、自然なことです。しかし、求人情報に記載されている年収だけを比較して転職先を決めてしまうと、実際に入職してから、仕事量や拘束時間の面で負担が大きい場合があります。求人探しをする際には、年収だけでなく、仕事時間(残業時間や休日出勤の有無)などにも注目をしましょう。

ただし、一般的な求人票では、休日出勤の有無など分かりにくいことが多々あります。やはり、内部の情報に精通した転職カウンセラーに情報提供を依頼した方が、リアルな状況を掴むことができます。

休暇の取得しやすさ

転職は成功したものの、スタッフが足りなく、有給休暇を消化することができない!!

そんな職場も珍しくありません。求人票には記載されていないことが重要事項であることも多いので、実際の有給消化率など、事前に把握できると、無理なく、そして長く続けられる職場が見つかるでしょう。

 

バケーション

コメントを残す

*

PAGE TOP