薬剤師の転職 上手なアピール方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。ジョニーゆうたです。

薬剤師の転職で上手にアピールする方法

薬剤師の転職というと、やはり自己アピールが決め手ですね。そうはいっても、上手に自己アピールするためにはどんなことを知っておく必要があるのでしょうか?詳しく見てみましょう。

自己満足に終わらないこと

自己アピールというと、自分の得意な分野を上手に相手にアピールすることで、魅力のある人材だという事を伝えます。しかし、得意だからと言って自暴自棄にアピールするのでは、自己満足だけで終わってしまいます。例えば、営業が得意でアピールしたとしても、病院で働く薬剤師に営業のスキルはあまり関係ありません。どれだけ営業に優れた人物でも、実際の現場で使えるスキルでなければ意味がないのです。

企業が求めている人材を把握すること

上手な自己アピールは、自分が持っているスキルによるものではありません。この人材が欲しいと企業に思わせるためには、まずは企業がどのような人材を求めているのか把握する必要があるのです。企業が求めている人材を知る事ができればあとはこっちのものです。企業のニーズに対して、自分の持っているスキルをどのように活用することができるのかアピールすることにより、「この人材なら現場で使えるスキルを持っている!」と知ってもらうことができるのです。

文章はシンプルにわかりやすく

自己アピールをする際には、前もって頭の中でアピールしたいことをまとめておく必要があります。履歴書での自己アピールは、箇条書きなどを利用し、短い文章で、シンプルに書くことが大切です。面接では、前もって考えておいた自己アピールを、はきはきと、シンプルに伝えましょう。一言で相手に伝わる言葉を選ぶことがポイントです。

自己アピール

コメントを残す

*

PAGE TOP