薬剤師の転職でやっておいて良かった3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。ジョニーゆうたです。転職活動をするのであれば、転職でうまくいった人の話を聞いて参考にしたいものですよね。今日は、薬剤師の転職において、やっておいて良かったことを紹介していきます。

貯金

薬剤師の転職においてやっておいて良かったことの中に、「貯金」があります。転職となると、うまい具合に退職した次の日から新しい職場で働くことができることもありますが、職場の都合で1か月前後の間ができてしまうこともあるでしょう。そんな時にあると便利なのが、生活をつなぐための貯金なのです。何気なく貯めていた貯金が、転職の際に役に立つかもしれません。

得意分野のリストアップ

面接の時などに聞かれることの多い得意分野ですが、いざという時にスムーズに話をすることができるように、得意分野をリストアップしておくと安心です。面接は緊張しがちですが、頭の中で整理されていることであれば、多少の緊張をしても、上手に話しをすることができるでしょう。リストアップしたものを想像しながら話をする練習もしておくと、さらに安心ですね。

福利厚生や休日の確認

転職活動をするにあたり、福利厚生や休日の確認は忘れてはいけません。転職をしてからこんなはずじゃなかった、という事にならないように、仕事可能な時間や曜日が決まっている場合には、面接の際、もしくは応募の際に伝えておくことが大切です。前もって休日やシフトについて質問しておいたので、お互いにスケジュールについて理解をもって仕事に取り組むことができたという人もいます。

キーボード

 

コメントを残す

*

PAGE TOP