薬剤師の転職事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。ジョニーゆうたです。転職がなかなか難しい時代ですが、中には転職しやすい職業もあります。その中のひとつが薬剤師なのです。薬剤師の転職事情について詳しく見てみましょう。

薬剤師不足の現状

薬剤師は、薬剤に興味があるからと言って誰もが簡単になれるものではありません。薬剤師になるためには、薬学部に通って勉強し、その後に国家試験に合格する必要があるのです。薬剤師になるまでの期間がかかることから、誰もが簡単に挑戦できるものではなく、薬剤師の数も限られてしまいます。
そんな現状もあり、薬局や病院などでは薬剤師不足となっているところが多くあるのです。

就職先や転職先は見つけやすい

薬剤師不足であるということは、求人の数も多く、応募する人が少なければ少ないほど採用される確率も高くなります。そんなことから、薬剤師の資格を取るまでには期間がかかるけれど、一度薬剤師になってしまえば仕事に困ることはあまりないでしょう。ただし、薬局の求人は多く見られますが、それ以外の薬剤師の求人は時期によっては少ないこともあります。働く場所にこだわる場合には、希望の仕事をみつけるまでに多少の時間がかかることもあるでしょう。

薬剤師の仕事は忙しい!!

薬剤師不足ということは、就職や転職しやすいというメリットもありますが、人材が足りないことから休暇や休憩がなかなか取れないという現実問題もあります。薬剤師としてバリバリ働きたい人には向いているかもしれませんが、子育てをしながら薬剤師の仕事をしたいという人などは、残業などのない職場など、働くことができる場所が限られてきます。限られた時間で働きたい人は、派遣会社などを通して仕事を探すと、希望の条件に合った職場を紹介してもらうことができます。派遣会社を通して働く場合には、契約は派遣会社とになるので、残業なしなどの条件で契約している場合には、定時にあがることができるでしょう。

薬のボトル

コメントを残す

*

PAGE TOP