薬剤師転職の失敗談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。ジョニーゆうたです。転職を考えるにあたり、知っておきたいのが、やってはいけいないこと、避けたい転職方法です。転職の失敗談を見ておくことで、同じような失敗を繰り返すことができます。薬剤師の転職にあたり、どのような失敗談があるのか、見てみましょう。

大きなドラッグストアのチェーン店から小さな薬局への転職

これまで大きなドラッグストアで薬剤師として働いてきました。ドラッグストアには、複数の薬剤師が滞在していたので、休暇なども交代で撮ることができました。研修期間や具体的な仕事内容の具体化されていたので、働きやすかったのですが、その後小さな薬局に転職をし、様々な違いに気づきました。小さな調剤薬局では、スタッフがぎりぎりなので、思うように休暇を取ることができなかったり、仕事内容はだいたい決まっているものの、具体化されていないので、なあなあになっている部分もありました。その代り、小さな薬局では、スタッフが限られていたこともあり、重要な仕事も任され、やりがいはありました。

病院勤務からドラッグストアへの転職

病院での薬剤師の仕事は、忙しいだけでなく、夜勤などもあったことから、体調を崩し、日勤のみのドラッグストアに転職しました。これまで調剤を始め、薬に対する知識を積んできたのですが、ドラッグストアでは、病院の時に得た薬の知識よりも、サプリメントや美容系の知識を求められ、これまで病院で積み重ねてきた知識を生かすことができませんでした。現在はドラッグストアの薬剤師として、新たな知識と経験を積んでいます。

調剤薬局から病院の薬剤師に転職

これまで調剤薬局で働いてきました。仕事内容や環境に不満はなかったのですが、給料アップを目指したく、新しい分野でもある病院の薬剤師として転職しました。病院での薬剤師の仕事は、調剤薬局とは異なる部分も多く、新しい仕事を覚えるのに時間がかかりました。慣れてしまえば無理なくこなしていくことができるのですが、仕事内容は調剤薬局の時よりも多いように感じます。

失敗した!

コメントを残す

*

PAGE TOP