薬剤師の難易度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師の難易度

こんにちは。ジョニーゆうたです。

薬剤師の仕事は、転職をするにも転職先に困ることなく、比較的安定して仕事をすることができるという魅力があります。また、他の職業に比べて比較的給料も高いことから、薬剤師を目指したいと考える人もいるでしょう。そこで気になるのが薬剤師になるための難易度ですよね。薬剤師になるためには、どのようなプロセスが必要で、どのくらいの難易度なのか、詳しく見てみましょう。

薬剤師になるための条件

薬剤師になるためのまず最初の条件は、やる気と忍耐です。というのは、薬剤師になりたいと思っても、学校に1年や2年通っただけで薬剤師になれるというものではないからなのです。

薬剤師になるためには、まずは大学などの薬学部に入学する必要があります。そして、通常の大学は4年生ですが、薬学部は2006年から6年生になったことから、6年間薬学部に通って医薬品などの勉強をする必要があるのです。そして、薬学部を卒業した後には、薬剤師になるための国家試験を受ける必要があります。この国家試験に合格することにより、ようやく薬剤師として働くことがでいるのです。ここまでくれば、薬剤師の仕事は比較的多くの薬局や病院、製薬会社などで募集していることから、仕事に困ることなく続けていくことができるでしょう。

薬剤師国家試験の難易度

薬剤師になるためには薬学部に6年通う必要があるので、資格を取得するまでの忍耐が必要です。6年で卒業するためには、単位を落とさないように勉強を怠ることもできません。そして気になるのは、薬学部を無事に卒業した後ですよね。

薬剤師の国家試験の合格率は、平成28年の結果を見てみると、76.85%となっています。薬剤師の国家試験は難しいとは言われていますが、薬学部に入学して6年間勉強した後には薬剤師に必要な学力が身についています。簡単な試験ではありませんが、計画的に準備をし、勉強を続けていくことで、薬剤師の資格を取得することができるでしょう。

合格率

コメントを残す

*

PAGE TOP