薬剤師転職の3つの秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬剤師転職を成功させる3つの秘訣

薬剤師に限らず、どんな職業でも転職には勇気と覚悟が必要です。

人間関係や待遇面など現在の職場に不満がある場合、新しいことにチャレンジしてスキルアップしたい場合、家庭の事情で引っ越す場合など、転職の理由は人によって異なります。しかし、思い切って退職を伝えても、思うように転職活動が進まなければ、不安は募る一方です。

そこで、今回は「薬剤師としての転職を成功させるための秘訣」を紹介していきます。

転職条件に優先順位をつける

給料アップ、仕事内容、人間関係、労働時間、通勤時間など、転職を検討している方は、現在よりも条件や環境の良い職場で働きたいと考えるでしょう。

しかし、全ての条件が揃った職場を見つけることは、ニーズが高いと言われる薬剤師でも、容易ではありません。

転職をしてから後悔しないためには、まず希望条件を紙に書き出し(もしくはパソコンやスマホに打ち出し)、 優先順位をつけます。優先順位をつけることで、全ての条件をクリアしていなくても、自分の中で譲ることができない条件を明確にすることができます。

薬剤師専門の転職エージェント」を利用する場合も、希望条件をただ伝えるだけではなく、優先順位や絶対に譲れない点を伝えておくと、理想に近い求人を紹介してもらうことができます。

エージェントは一般に公開されない「非公開求人」を多数保有しているので、積極的に利用しましょう。登録・利用・紹介など、全て無料で料金は一切掛かりません。

コミュニケーションスキルを磨く

薬剤師の仕事内容は、職場によって異なります。

調剤薬局では処方箋にしたがって、ミスなく薬を調剤しますが、それに加えて、患者さんが安心できるようにコミュニケーションスキルも求められます。これは、薬局やドラッグストアでも同様で、近年は知識や経験だけではなく、コミュニケーションスキルを備えた薬剤師が必要とされている傾向が見られます。

積極性と学習意欲

また、多くの職場では、応募して来た人の経歴など「これまで」だけでなく「これから=将来性」を重視しています。

新しいことを学ぶ姿勢、積極性、学習意欲をアピールすることで、採用の可能性は高まります。もちろん、転職後に実際の行動が見合わない場合は、トラブルの原因になるので、アピールのための嘘は避けましょう。

「ドラッグストアに外国人のお客様が増えているので、英語と中国語を勉強しています」「来月、日商のPC検定を受けます」など、薬剤師のスキルには関係のない分野でも、職場に還元できるようなスキルであれば、高く評価されます。

このように、転職を成功させるためには、薬剤師として、さらには社会人として成長することも必要です。

面接

コメントを残す

*

PAGE TOP