職場別に見る薬剤師の平均給与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

職場別!気になる薬剤師の給料

 

転職を考えている薬剤師さんや、薬剤師を目指して勉強している人に向けて、薬剤師の給料を職場別に紹介していきます。

病院薬剤師の給料

病院で働く薬剤師は、他の職場に比べると専門性の高い仕事と言われているので、薬剤師としてのスキルを向上していきたい人には最適の職場です。

病院での薬剤師の給料は、他の薬剤師の職場と比べると、やや少ない傾向があります。平均年収は、約400~650万円で、薬局長や薬剤部長などのポジションに就けば、もっと高くなります。ただし、それより上のポジションがないため、急激に給料が大幅に上がることは非常に少ないことが特徴です。

調剤薬局薬剤師の給料

調剤薬局は、病院の近くや診療所の近くなど、立地条件によって取り扱う薬剤が異なることや、診療時間によって忙しい時間や勤務時間などが変わってきます。

調剤薬局の平均給与は450~600万円前後ですが、地域によって大きく異なり、薬剤師不足の地域であれば、給料が高い傾向にあります。

ドラッグストア薬剤師の給料

ドラッグストアは、処方箋による薬剤以外にも市販薬や健康食品などを数多く取り扱っています。そのため、医療や薬剤の知識に加えて、健康一般の知識が必要とされます。

ドラッグストア薬剤師の給料は、病院や調剤薬局に比べると高い傾向にあり、初任給から400万円を超えることも珍しくありません。

さらに、店長クラスとなると年収700万円を超えることもありますが、パート・アルバイトスタッフのシフト調整や食料品や日用品の発注、店内イベントの企画や装飾など、薬剤師としての仕事以外の業務が多く、チェーン展開をしている店舗では転勤もあるなど、他の薬剤師とはやや毛色が異なります。

キャリアップを目指すには、店長だけではなく、本社の運営や管理などのマネージャー職を目指すことができます。

診療所薬剤師の給料

診療所は、他の薬剤師が働く職場に比べると、比較的落ち着いて働くことができます。

診療所薬剤師の平均給料は400万円前後ですが、年収も職場環境も医師次第で大きく異なります。

在宅医療薬剤師の給料

在宅医療薬剤師は、他の薬剤師の職場に比べて、ひとりの患者さんと接する時間が長いことが特徴です。

薬を処方するだけでなく、薬剤師として患者さんの健康をサポートする必要があるため、高いコミュニケーションスキルも求められます。

年収は、調剤薬局とほぼ同じで、450~600万円前後です。

 

 

コメントを残す

*

PAGE TOP