履歴書の書き方|採用したい人材であるとアピール

ホーム  >  【初めて転職活動】履歴書の書き方

初めて転職活動を行う方へ

初めて転職活動を行う方にとって、転職活動は未知のもので分からないことだらけでしょう。転職を成功させるための秘訣を、履歴書の書き方から面接に至るまで重要なポイントをお伝えします。

このページを読んだ方は、他に以下のページを読んでいます!

履歴書の書き方

履歴書の職務経歴書は違うもの?

履歴書を渡す女性 多くの方が学生時代にアルバイトなどをする際に履歴書を書いた経験があるでしょう。社会人の転職では、この履歴書と一緒に職務経歴書を提出します。では、履歴書と職務経歴書の違いは何でしょうか?

履歴書は、氏名の他に連絡先や学歴、職歴、取得している資格など個人に関する情報を中心に記入します。これに対して、職務経歴書では仕事に関する事柄のみを記入し、応募者の過去の実績や能力など履歴書には書き切れないことをアピールします。

特に転職の場合は、即戦力として人材を求めているケースが多いので、履歴書や職務経歴書では書き方を工夫し採用したい人材であると思わせることが大切です。形式については、特に指定がない限り、履歴書は市販のものを使い、職務経歴書はA4サイズで作成します。様式についても多くの場合においては指定がありません。

履歴書の書き方

基本的には手書きで直筆をします。パソコンソフトやネット上にフォーマットがあり入力をすればプリントアウトができますが、一度に幾つも印刷できるので何企業へも応募しているように捉えられてしまう懸念があります。

その点、手書きで丁寧に書いた履歴書は誠意が伝わりやすいというメリットがあります。また、記入には黒のボールペンや万年筆を利用し、間違えた箇所は修正液や修正テープを使わずに最初から書き直します。誠意が伝わるだけではなく、ミスが少ない人物という印象を付けることもできるので、書き間違いをしそうな人はあらかじめ鉛筆で下書きをし、その上からなぞるようにしましょう。

その際、下書きをしっかりと消すことを忘れないようにします。生年月日、学歴や職歴を記入する際など、あらゆる日付は西暦ではなく元号で記入します。学歴を記入する場合、中学までは卒業年次までを記入し、高校以降から入学年次と卒業年次を記入します。学校名は省略せずに正式名称を記入します。また、職歴においてアルバイトを記述する必要はありませんが、ドラッグストアや薬局など医療や薬に関連のあるアルバイトなら記述をしておいた方が良いでしょう。

また、現時点で退職をしている方は「一身上の都合により退職」と書き、在職中の方は「現在に至る」と記入します。

履歴書に貼る写真について

直近の写真を使用します。以前はスピード写真の場合、仕上がりが粗く安っぽい印象がありましたが、現在は技術も向上しているので、証明写真として充分に通用するほどキレイに仕上がります。しかし、やはり第一印象となる大切な書類なので、写真館でプロにしっかりと撮影してもらうと良いでしょう。スナップ写真やカラーコピーは厳禁です。スーツなどのフォーマルな服装を着用しピアスやネックレスがあれば外し、落ち着いた印象を出すようにします。また、写真をしっかりと貼りつけても、剥がれてしまうことがあります。そのようなケースを想定して、写真の裏側に氏名を入力しておくと良いでしょう。
TOPページ