職務経歴書の書き方|転職会社でアドバイスをもらう事も可能

ホーム  >  【初めて転職活動】職務経歴書の書き方

初めて転職活動を行う方へ

初めて転職活動を行う方にとって、転職活動は未知のもので分からないことだらけでしょう。転職を成功させるための秘訣を、履歴書の書き方から面接に至るまで重要なポイントをお伝えします。

このページを読んだ方は、他に以下のページを読んでいます!

職務経歴書の書き方

初めて書く方も多い職務経歴書

職務経歴書を渡す女性 履歴書とは異なり、転職の経験がない方にとって初めて書くことになる職務経歴書。市販であまり売られていないため、見たことさえない方も多いことでしょう。

書式や様式については特に指定がない限り自由ですが、基本的にはA4用紙に横書きで記載し、1枚~2枚にまとめます。自己アピールを、より発揮できるように書くポイントとしては、文章記述にせず、なるべく箇条書きにすること、経験したことや学んだことを意識しつつ上手に数字を取り入れて具体性を含ませることが大切です。

また、書式や様式が自由な場合は、その点を活かし見やすくシンプルな構成になるように心がけましょう。

履歴書と同じく、間違えた箇所は修正液や修正テープを利用せず、初めから書き直しをするため、不安な方は鉛筆などで下書きをして、上からなぞり、必ず最後に下書きを消すようにします。なお、写真を貼る必要はありません。

担当者の印象に残る職務経歴書とは?

担当者に特に読んで欲しい部分、知って欲しい部分を箇条書きの中に組み込んでしまうと、見落とされてしまう可能性もあるので別欄でアピールするなど工夫が必要です。

冒頭部分に経歴の概略や自分のアピールポイントなどを簡潔に記載しても良いですし、経歴を書いた後に、1~2行空けてから記載するという方法もあります。最も注目して欲しいポイントが埋もれてしまわないように注意をしましょう。また、面接の際に、職務経歴書を見ながら質問をされることがあります。職務経歴書を作成するときに、面接の流れをイメージしながら書くと自分のペースで話を進めることができます。

さらに、応募する企業が求めている人物像を把握しておくことで、その人材に合わせて記載内容を考えることができます。企業の社風や会社理念、職場環境などを研究して、最も合致する表現方法を取り入れることが、選考を有利に進めることに繋がるでしょう。同じく大切なポイントとして、数字を利用した記載を心がけることが挙げられます。数字を含めることで、より具体的なイメージを掴んでもらいやすくなるので、実績や職務内容などは数字を使って表現し、もし実績などで数字を入れることが難しい場合は、指導した人数や表彰された回数、セミナーの出席回数などで数字を入れ、全体が曖昧な表現にならないように努めましょう。

さらに高度なテクニックが知りたい方は?

薬剤師転職支援サービスでは職務経歴書のアドバイスを行ってくれます。特に、今まで一度も職務経歴書を書いた経験がない方は、幾つかのサンプルを見せてもらうことで、ぼんやりとしていたイメージを鮮明にすることができます。

市販の書籍やネットでも職務経歴書の書き方をまとめたものがありますが、薬剤師に限定したものは少なく、より質の高い職務経歴書を作成したいのなら、薬剤師の転職に対して実績と歴史のあるプロからサポートを受けた方が確実です。アピールポイントが見つからない方や職務経験が浅い方でも高度なテクニックとプロならではの表現で、自信の持てる一枚に仕上げてくれます。今すぐの転職を考えていない方でも無料で登録・利用をすることができますので、自分の経歴を客観的に分析するためにも、是非、利用をしてみて下さい。
TOPページ